Edited at

Beamerスライドに参考文献リストを載せる

Beamerスライドでbibtexを使って参考文献リストを出力する方法を述べる.


bibtexファイルを作る

ref.bibというファイルに参考文献のbibtexリストを作ることを想定する.

Google Scholarで論文名や書籍名を検索して, 引用マーク「"」からbibtexを取得する.

Step1:

step1.png

Step2:

step2.png

Step3:

step3.png

このコードをref.bibに貼り付ける.

引用したい文献に関して以上のステップ繰り返して, ref.bibを完成させる.

(例)


ref.bib

@book{boyd2004convex,

title={Convex optimization},
author={Boyd, Stephen and Vandenberghe, Lieven},
year={2004},
publisher={Cambridge university press}
}
@inproceedings{yoshida2018safe,
author = {Yoshida, Tomoki and Takeuchi, Ichiro and Karasuyama, Masayuki},
title = {Safe Triplet Screening for Distance Metric Learning},
booktitle = {Proceedings of the 24th ACM SIGKDD International Conference on Knowledge Discovery and Data Mining},
year = {2018},
pages = {2653--2662},
numpages = {10},
}


スライドに載せる

スライドのテンプレートはこちらを参照.


slide.tex

\begin{frame}[allowframebreaks]{Reference}

\scriptsize
\beamertemplatetextbibitems
\bibliographystyle{junsrt}
\bibliography{ref}
\end{frame}

これを文献リストを載せたい箇所に書いておくと, 先程の例では, 本文中で\cite{boyd2004convex}\cite{yoshida2018safe}で引用できる.



  • \beamertemplatetextbibitems: 参考文献リストで引用番号([1], [2]など)を表示するために必要. 書かないと書類マークになってしまう.


  • \bibliographystyle{}: 引用のスタイル. この例では本文の登場順に並ぶ. 詳細はこちらを参照.


  • \bibliography{}: .bibファイルの名前を書く


  • allowframebreaks: スライドからはみ出たら自動でページを作成してくれるオプション

(例)

ref.png


コンパイル


  • 日本語文献を含む場合


  1. platex slide.tex


  2. pbibtex slide

  3. dvipdfmx slide.dvi


  • 英語のみの場合


  1. platex slide.tex


  2. bibtex slide

  3. dvipdfmx slide.dvi

もしくは


  1. pdflatex slide.tex


  2. bibtex slide

コンパイルは最低でも3回程度必要になる. (やってみるとわかる)

コンパイル用Makefileはこちらで公開中.

pbibtexを使うかbibtexを使うかで, 使えるスタイルが変わってくる.

基本的にpbibtexのスタイルには先頭に j がつく(jplain, junsrtなど)

※使うコマンドがスタイルに対応していないとエラーが出るので注意!!


natbibを使う場合

texのプリアンブルに\usepackage{natbib}を書いておく.

本文で引用する際は, \citet{}\citep{}を使う.



  • \citet{}の出力例: Boyd and Vandenberghe (2004)


  • \citep{}の出力例: (Boyd and Vandenberghe, 2004)


slide.tex

\begin{frame}[allowframebreaks]{Reference}

\scriptsize
\bibliographystyle{apalike}
\bibliography{ref}
\end{frame}

スタイルはnatbib用のスタイルを利用する必要がある.

たとえば, こちらを参照.


まとめ

bibtexを使って効率的な資料作成を目指そう.

論文では必須事項.