Python
構文

内容はバージョン3をベースにしています。

コメントアウト

行単位は#xxx
範囲指定は下記です。
ダブルクォーテーション(")3つでも可能であり、シングルクォーテーション(')とのネスト構造も可能です。
※インテンドの位置は前述に合わせないとエラーになります。

'''
ここがコメントアウト
'''

構文の区切り

①基本は改行で区切りになります。
②セミコロン(;)は改行の代わりになるので、1行にまとめられます。
③長文などの場合にスクリプト上のみで改行する場合はバックスラッシュ(\)を使います。
④リスト([...])、タプル((...))、辞書({...})はカンマの区切り箇所であればバックスラッシュ(\)は省略できます。

base_sample.py
#!usr/bin/python
# -*- coding: UTF-8 -*-
#①
print('Hello')
print('Python!')
#②
print('これも'); print('改行')
#③
a = 1 + 2 +\
3 + 4\
+ 5
print("1+2+3+4+5="+str(a)+"は複数行で構成されています。")
#④
print('この文、'
      '実は3行で'
      '構成されています。')
print([1, 2, 3,
       4, 5, 6,
       7, 8, 9])
# python3 base_sample.py
Hello
Python!
これも
改行
1+2+3+4+5=15は複数行で構成されています。
この文、実は3行で構成されています。
[1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]

インデックス

前回:pyファイルの書き方  次回:未定

Topのインデックスに戻る