search
LoginSignup
33

posted at

updated at

[Ethereum]各テストネットワークのETHを取得する方法

Ethereumを利用するにあたり、各テストネットワークでスマートコントラクトを動かすにはそれぞれの環境ごとにETHが必要なので、それぞれで取得する方法をまとめてみました。
対象は下記のテストネットワークです。

  • Goerliテストネットワーク
  • Sepoliaテストネットワーク

下記のテストネットワークは、2022年9月15日に実施されたThe Mergeと言われる大規模アップデートで廃止されました。

  • Ropstenテストネットワーク
  • Kovanテストネットワーク
  • Rinkebyテストネットワーク

事前準備

ブラウザの拡張機能としてMetamaskをインストールします。
インストールされたらMetamaskを開き、希望の各テストネットワークに接続先を変更します。
Google.png

Faucetへアクセスする

各FaucetへはMetamaskの購入ボタンからアクセスできます。

1)Metamaskを開き、「購入」ボタンを押す。
スクリーンショット_2020_07_18_1_18.png

2)「Etherを取得する」ボタンを押す。
スクリーンショット_2020_07_18_1_20.png

3)下記の手順で各環境ごとにFaucetよりETHを取得する。

GoerliテストネットワークのETH取得方法

下記手順でETHを受け取ることができます。

  1. ウォレットアドレスを入力する
  2. reCAPTCHAにチェックを入れる
  3. 「REQUEST 0.05 GOETH」ボタンを押下する

Goerli_Testnet_Faucet.png

SepoliaテストネットワークのETH取得方法

Goerliと同じく下記手順でETHを受け取ることができます。

  1. ウォレットアドレスを入力する
  2. reCAPTCHAにチェックを入れる
  3. 「Request funds」ボタンを押下する

Sepolia_FaucETH.png

その他のETH取得方法

MetamaskからアクセスできるFaucetからだとFaucet自体が残高不足になりがちなのか、エラーが起きETHが取得できないことがよくあるので、その他のETH取得方法を紹介します。

Chainlink faucet

分散型オラクルを提供するChainlinkには、彼らが提供するLINKトークンと合わせてテストネットワークのETHを取得できるFaucetがあります。
ただし、取得できるのはGoerliのETHのみです。 

取得方法は下記の通りです。

1)下記のリンクからFaucetにアクセスする。

2)Metamaskの接続先をGoerliにする。
Google.png

3)Request typeで「20 test LINK」のチェックを外し、「Login via Twitter」ボタンを押下してログインします。

Faucets___Chainlink.png

4)ログイン後、Verify requestにチェックを入れる。

Faucets___Chainlink.png

5)「Send Request」ボタンを押下する。
Faucets___Chainlink.png

Alchemy faucet

ブロックチェーンアプリ開発における様々なツールを提供するAlchemyもFaucetを提供していますが、こちらのFaucetを利用するにはアカウントの作成が必要です。
よければこちらの紹介リンクからアカウント作成できます。
https://alchemy.com/?r=8b163683ecdc46d4

Alchemyも取得できるのはGoerliのETHのみです。 
アカウント作成後、下記の手順でETHを取得できます。

1)下記のリンクからFaucetにアクセスする。

2)「Alchemy Login」ボタンを押下してログインする。

Goerli_Faucet.png

3)Metamaskにアクセスし、自分のウォレットアドレスをコピーする。

Google.png

4)コピーしたウォレットアドレスをFaucetのフォームにペーストする。

Goerli_Faucet.png

5)「Send Me ETH」ボタンを押下する。

Goerli_Faucet.png

最後に

他にも良いFaucetがありましたら、是非コメントください。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
33