LoginSignup
1

Vue で空文字が Prop で渡ってきてバグってしまった話

Posted at

数年前に作られていたvue 2 (TypeScriptなし) のプロダクトで空文字がPropで渡ってきてバグってしまった話と、注意点を備忘録として残します。

※ これは2022/12/05に個人ブログで公開した記事を移植したものです。

背景

数年前に作られていたvue 2 (TypeScriptなし) のプロダクトで次のようなコンポーネントがありました。

export default {
  props: {
    sample: Boolean,
    default: false,
  },
};

このコンポーネントはこのように呼び出されています。

<template>
  <Sample :sample="sample2" />
</template>

このsample2、実は文字列が入っていました!

設計者の意図としては、JSの暗黙的な型変換と同様に空文字列であれば false 、 1文字以上であれば true という実装にしたかったのだと考えられます。

空文字列 ""true !?

ある日、 sample2に空文字列 "" が入ってきました。しかし、 Sampleが true の場合の挙動をします。

なんと、 空文字 "" が入ってきたときにコンポーネント内で true に変換されていたのです。

空文字 "" はJavaScriptの真偽判定においてFalsyになるのでしばらく原因を理解するのに時間かかりました。

原因は、 v-bind において、 falsyな値は null, undefined, false だけという仕様があるためです。

なぜ

HTML Attributeと同じ挙動になるように揃えたみたいです。個人的にはReact (JSX) と同じ挙動なのでわかりやすく感じます。 v-ifなどは引き続きJavaScriptの真偽判定と同様の挙動をするようです。

まとめ

  • そもそもbooleanなpropに文字列を渡さないようにしよう
  • このようなプログラムを書かれないように規約を設けるという意味でもTypeScriptは必須ですね

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
1