anyenvとkerlとの組み合わせで最新erlangをインストールする

More than 1 year has passed since last update.

anyenvで global とか使い方統一したいし、やっぱりkerlでソースまで探してきてほしいというわがまま向けで、両方合わせたらうまくいったのでメモします。

環境は、CentoOS6,7


合わせるって?

ソース取得とコンパイルまでは、kerlで行い、インストールをerlenvの中にします。


anyenvのインストール

git clone https://github.com/riywo/anyenv ~/.anyenv

echo 'export PATH="$HOME/.anyenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
exec $SHELL -l

参照

http://qiita.com/luckypool/items/f1e756e9d3e9786ad9ea


erlenvのインストール

anyenv install erlenv

exec $SHELL -l


kerlのインストール

curl -O https://raw.githubusercontent.com/kerl/kerl/master/kerl

chmod a+x kerl

参照

http://qiita.com/tatsuya6502/items/f15da8ea6e793c5038a2


erlangの依存関係インストール

erlangコンパイルに依存関係がある。



sudo yum install gcc glibc-devel make ncurses-devel openssl-devel autoconf

sudo yum install curl git


最新を探す

./kerl list releases

R10B-0 R10B-10 R10B-1a R10B-2 R10B-3 R10B-4 R10B-5 R10B-6 R10B-7 R10B-8 R10B-9 R11B-0 R11B-1 R11B-2 R11B-3 R11B-4 R11B-5 R12B-0 R12B-1 R12B-2 R12B-3 R12B-4 R12B-5 R13A R13B01 R13B02-1 R13B02 R13B03 R13B04 R13B R14A R14B01 R14B02 R14B03 R14B04 R14B_erts-5.8.1.1 R14B R15B01 R15B02 R15B02_with_MSVCR100_installer_fix R15B03-1 R15B03 R15B R16A_RELEASE_CANDIDATE R16B01 R16B02 R16B03-1 R16B03 R16B 17.0-rc1 17.0-rc2 17.0 17.1 17.3 17.4 17.5 18.0 18.1 18.2.1 18.2 18.3
Run './kerl update releases' to update this list from erlang.org


ビルド

./kerl build 17.5 17.5


インストール

ここがミソでerlenvの中にインストール



./kerl install 17.5 ~/.anyenv/envs/erlenv/releases/17.5


実行

erlenv global 17.5

erlenv rehash

$ erl
Erlang/OTP 17 [erts-6.4] [source] [64-bit] [smp:2:2] [async-threads:10] [hipe] [kernel-poll:false]

Eshell V6.4 (abort with ^G)
1>

やったー!