iOS
Swift

台風が来るのでiPhone6で気圧計を作る

More than 3 years have passed since last update.

iPhone 6/6 Plusで搭載されたM8プロセッサーには気圧センサーがついています。階段の昇り降りなどの高度変化を検知するためが主な目的のようですが、台風も接近してきているので気圧計アプリを作ってみました。

Screen Shot 2014-10-08 at 18.10.47.png

ついでなので、本来の使い方である相対高度も表示してリセットできるようにしてみました(逆。

※シミュレータでは動きませんので実機転送が必要です。


実装

・プロジェクトにCoreMotion.frameworkを追加します。

・Storyboardはこんな感じでLabelが2つとbuttonが一つです。

スクリーンショット 2014-10-08 18.46.30.png

・ViewController.swiftにコードを書きます。CMAltimeter クラスを使います。


ViewController.swift

import UIKit

import CoreMotion

class ViewController: UIViewController {

@IBOutlet weak var pressureLabel: UILabel!
@IBOutlet weak var altitudeLabel: UILabel!

let altimeter = CMAltimeter()

override func viewDidLoad() {
super.viewDidLoad()
startUpdate()
}

@IBAction func doReset(sender: AnyObject) {
altimeter.stopRelativeAltitudeUpdates()
startUpdate()
}

func startUpdate(){
self.pressureLabel.text = "気圧:---- hPa"
self.altitudeLabel.text = "高さ:-.-- m"
if (CMAltimeter.isRelativeAltitudeAvailable()) {
altimeter.startRelativeAltitudeUpdatesToQueue(NSOperationQueue.mainQueue(), withHandler:
{data, error in
if error == nil {
let pressure:Double = data.pressure
let altitude:Double = data.relativeAltitude
self.pressureLabel.text = String(format: "気圧:%.1f hPa",pressure*10)
self.altitudeLabel.text = String(format: "高さ:%.2f m",altitude)
}
})
} else{
println("not use altimeter")
}
}

override func didReceiveMemoryWarning() {
super.didReceiveMemoryWarning()
}

}


たいしたコードでは無いのでgithubに置くまでも無いかな...。

CMAltitudeData形式で来る値はpressureがkPaなので10倍します。altitudeはmです。

CMAltitudeData Class Reference


気圧について

気象庁から各気象台の測定データとして出ている気圧は海面高度を引いたものになっているようです。アメダスの数値と比較してみると5hPa差があるので5*8=40m。

東京都-アメダスデータ

http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/today-44132.html

標高と大気圧の関係

http://members.jcom.home.ne.jp/tetsuom/NOTE/NtPvsH/HdPvsH.htm

今いる場所の海抜はGoogleMapによると20m、建物のの6Fにいるので3.5m*6=21mで合計41mという事でざっと計算しても正しそうです。本当にやるならGPS情報の高度を使えばちゃんと補正できそうです。


ごにょごにょ

"let altimeter = CMAltimeter()"をviewDidLoad内でやってしまうと、viewの初期化後にaltimeterが解放されてしまいコールバックが呼ばれませんでした。気づくのに時間がかかりハマりましたのでご注意を。

data.pressure値をそのまま使うと桁が多すぎ、計算に使うと整数になってしまうので、Doubleとして代入しています。この辺り、Swift初心者なのでもっと良い書き方があるかもしてません。

通常の気圧変化で相対高度が変わっていくので、短い間隔で傾向をみたり平均値をとったりした方が良い気がします。


Siri

Siriで「今の気圧は?」と聞くと気圧を返してくれるのですが、取得している値と微妙に違います。高度補正が入っているのか、別の場所の気圧を言っているのか不明です。

IMG_0039.PNG


参考

[iOS 8] iPhone 6 / iPhone 6 Plus で使える新機能! CMAltimeter で高度を取得する

http://dev.classmethod.jp/references/ios8-cmaltimeter/

iOS8の高度計(気圧計)

http://reinforce-lab.github.io/blog/2014/10/03/ios8-barometer/