Edited at

EC2のディスク拡張


はじめに

ついついデフォルトの8GBで環境を作ってしまって後悔しませんか?Dockerを使いだすとゴミイメージなどでどんどん容量を圧迫していきます。

という事で何回もやっているのでメモしておきます。


現在の使用容量の確認

dfコマンドで容量確認を行います。

df -h

8GBしかありませんね...。残り1.2GBでキチキチです(お掃除後の容量です)。

$ df -h

Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
...
/dev/xvda1 7.7G 6.5G 1.2G 85% /
...


AWSコンソールよりEBSを拡張します。

ちょっと省略


ディスク容量の確認をおこないます。

メインパーティションは8GBのままですが、全体は16GBに拡張できました。

$lsblk

NAME MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvda 202:0 0 16G 0 disk
└─xvda1 202:1 0 8G 0 part /


パーティション拡張を行います

sudo growpart /dev/xvda 1

xvda1の領域の拡張を行います。これで16GBに拡張が完了しました。

が、まだ全体を使うことはできません。

$ sudo growpart /dev/xvda 1

NAME MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvda 202:0 0 16G 0 disk
└─xvda1 202:1 0 16G 0 part /


ファイルシステムのリサイズ

sudo resize2fs /dev/xvda1

ファイルシステムのリサイズを行います。これで全体が使えるようになりました。

$ sudo resize2fs /dev/xvda1

resize2fs 1.42.13 (17-May-2015)
Filesystem at /dev/xvda1 is mounted on /; on-line resizing required
old_desc_blocks = 1, new_desc_blocks = 1
The filesystem on /dev/xvda1 is now 4194043 (4k) blocks long.


拡張後の容量の確認

念の為dfコマンドで容量を確認します。

$ df -h

Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
...
/dev/xvda1 16G 6.5G 9.0G 43% /
...


まとめ

ついつい容量を小さくとってしまいますがこれで安心ですね!