Help us understand the problem. What is going on with this article?

Amazon Lightsailにdockerコンテナを2分でデプロイする

More than 1 year has passed since last update.

Amazon Lightsailにdockerコンテナを2分でデプロイします。

前提

  • awsアカウントがセットアップ済み
  • 動作するdocker-compose.yml (ここでは例としてdocker-redmineを使います)

方法

  • AWS lightsailのページからインスタンスの作成を選びます
  • インスタンスイメージの選択で以下を選択します。
    • プラットフォーム: Linux/Unix
    • 設計図の選択: OSのみ Ubuntu 16.04LTS
  • 起動スクリプトの追加をクリックして以下のコードをコピーします
curl -o docker-compose.yml https://raw.githubusercontent.com/sameersbn/docker-redmine/master/docker-compose.yml
curl -o ./install.sh https://gist.githubusercontent.com/bellx2/3085b3ee771440a8664fbc86ce9826d2/raw/
chmod +x ./install.sh
./install.sh

※先頭はサンプルとしてdocker-redmineのdocker-compose.ymlをダウンロードしています。

  • インスタンスプランを選択します
  • インスタンスの名前は適当に指定します。
  • 作成をクリックして1~2分ほど待ちます

docker-redmineは10083ポートを使いますので以下の手順が追加で必要です。
+ インスタンスの右端をクリックして「管理」を選びます
+ ネットワーキングの「ファイアウォール」にカスタム,TCP,10083を追加し保存します
+ http://ipアドレス:10083/にアクセスするとredmineが開きます

解説

起動スクリプトで空のubuntuに以下を行います

  • docker-compose.ymlをダウンロードします。
  • 以下のURLよりインストールスクリプトをダウンロードして実行します。

https://gist.github.com/bellx2/3085b3ee771440a8664fbc86ce9826d2

  • dockerのダウンロード
  • ubuntuユーザーにdockerの権限付与(sudo不要に)
  • docker-composeのインストール
  • docker-compose.ymlの移動
  • docker-composeのサービス登録
  • docker-compose up

docker-compose.ymlを入れ替えればいろいろ応用が効くかと思います。

参考

Deploying Docker Containers on Amazon Lightsail
https://www.youtube.com/watch?v=z525kfneC6E

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away