Help us understand the problem. What is going on with this article?

RaspberryPiのDocker環境構築

久しぶりに環境を再セットアップしたのでメモです。

  • Raspberry Pi 3
  • Rasbian Stretch with Desktop (2019/April版)
  • microsd 32GB

イメージ書き込み (macos)

昔はNOOBSを使っていましたが、めんどくさくなってきたのでrasbianを直接書き込みます。Liteでも良かったのですが、なんとなくdestop版を入れておきます。

https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/

Etcherというツールを使っていたのですが、いつのまにかbalenaEtcherという名前に変わり、少し見た目も変わっていました。zipしたままのイメージでも書き込み可能なので便利です。

スクリーンショット 2019-05-25 23.39.57.png

SSHの起動設定

sshが最初はdisableになっているので、raspi-configからSSHをEnableにします。(Jessieの頃ははデフォルトでenableになってた気がします)

スクリーンショット 2019-05-25 22.32.17.png

設定しないとあとでログインできなくてハマります(自分。

SSH鍵のコピー

再セットアップの理由がパスワードを忘れたためなので、早めに認証鍵でログインできるようにしておきます。本当はkrypt.coを使いたいのですが、まだ未対応なので。

ssh-copy-id pi@raspberry

ssh-copy-id便利ですね。

監視設定の追加

mackerel.ioの監視設定を追加します。5台までならFreeプランで使えます。

Raspberry Pi を Mackerel で監視する

ほぼここの通りなのですが、バージョンが新しくなっているので最新版(v.0.59.3)をダウンロードします。

curl -sL https://github.com/mackerelio/mackerel-agent/releases/download/v0.59.3/mackerel-agent_linux_arm.tar.gz | tar xz

これ以外は上記の手順のコピペで設定可能です。

特に落ちてもいいのですが、グラフで出るとステキですよね。

スクリーンショット_2019-05-26_9_27_21.png

Dockerのインストール

だいたい再インストールしたくなるのは環境が壊れたりして初期状態がわからなくなる時なので、今回は最初からdockerを導入しておきます。

curl -sSL https://get.docker.com/ | sh
sudo usermod -aG docker pi
sudo systemctl enable docker

その他

最近はDockerでクロスコンパイル環境を作ったりしているため、実機の出番は少ないのですが、やはり検証したい時があるので再構築しておきました。

Dockerが便利すぎて、最近は他の環境もOS側にはあまり入れずに環境はDockerにまとめるようにしています。そのあたりは別記事で。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away