Edited at

OSX 10.15 (Catalina) βでJavaを使う

macOS Catalinaですが、32-bitアプリが動作しなくなります。自分の使っているアプリは32bitの物は多くなく、βの時点で実用上はあまり問題は無いのですが、唯一にして最大の問題はJavaがインストールできない事でした。

JDK,OpenJDKなども現時点(2019/8/16)はインストーラーでインストールする事ができません。これによりJavaが必須のソフトが動かない問題が出ていました。

Catalinaの正式リリース時までには対応されるとは思いますが、homebrewを使って下記の方法にてインストール可能でしたのでメモしておきます。


OpenJDKのインストール

brew tap homebrew/cask-versions

brew cask install java11

初回起動時のみ確認が出ます。

スクリーンショット 2019-08-16 9.30.17.png


バージョン確認

$ java -version

openjdk version "11.0.2" 2019-01-15
OpenJDK Runtime Environment 18.9 (build 11.0.2+9)
OpenJDK 64-Bit Server VM 18.9 (build 11.0.2+9, mixed mode)


インストールパス確認

$ which java

/usr/bin/java


むにゃむにゃ

しばらくいろいろな方法でインストールを試みたのですがうまくいかず、必要な場合はOSを切り替えて使っていたのですが、これで対応する事ができました。


参考

https://apple.stackexchange.com/questions/363728/how-to-run-an-app-that-require-java-sdk-on-macos-catalina-10-15