シリアルケーブル無しでYamahaRTX1100をいじる方法

  • 7
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

YamahaRTX1100の中古がめっっっちゃ安いので、モデムが付かない回線契約に変更した際に購入しました。

初期化

まずは背面のinitボタンを押しながら電源をONします。
これで工場出荷時の状態になります。

IPが無いことに気がつく

YamahaRTXは初期設定でだいたいDHCPと192.168.100.1/24が設定されているが、なんとRTX1100は古いので、設定されていませんでした。
(RTX1200以降だとあるみたい?)

シリアルケーブル無いしどうしようってことで調べたら2通り解決方法がありました。

  1. rarpdコマンドでIPを設定する
  2. IPv6を割り出してtelnetする

rarpdはbrewになかったので面倒臭いので2番を選びました。

MACアドレスの確認

RTX1100を裏っ返しましょう。
そこにはMACアドレスが2つ書いてあります。
ひとつめでOKです。

IPv6を計算する

まず、MACアドレスの真ん中にFF:FEを足します。
MACアドレスがA0:B1:C2:D3:E4:F5だった場合、A0:B1:C2:FF:FE:D3:E4:F5になります。

次に、先頭から7ビット目を反転させます。
2進数に変換すると、Aが1010、0が0000なので、1010000010100010になります。

算出されたA2:B1:C2:FF:FE:D3:E4:F5を、IPv6は16ビット毎なので区切りを変えます。
リンクローカルアドレスが先頭に付くため、FE80:0000:0000:0000:A2B1:C2FF:FED3:E4F5がIPv6のアドレスになります。

繋いでローカルIPを設定する

RTX1100に繋ぎます。
ゾーンIDを付けてtelnetをします。

telnet FE80::A2B1:C2FF:FED3:E4F5%en6

管理者になります。
初期化したのでパスワードはありません。

administrator

以上で設定するところまで接続できました。