Edited at

HugoでWebサイトを立ち上げる+テーマを適用してみる

More than 1 year has passed since last update.

自分のポートフォリサイトやブログを作成する時、はてブやQiita、WordPressがありますが今回は静的サイトジェネレーターHugoでWebサイトを作成し、テーマを適用する方法を書いていきます




環境


  • macOS Sierra 10.12.6

  • Hugo:v0.29

  • git:2.14.1

  • Homebrew: 1.3.4


Hugo・Gitのインストール

Hugo・GitはHomebrewでインストールします

~はホームディレクトリという意味です

~$ brew update

~$ brew install hugo
~$ brew install git


HugoでWebサイトを立ち上げる

hugo new site サイト名でHugoプロジェクトを作成します

作成するディレクトリはお好みの場所で

~$ hugo new site hugo_my_site

実行後以下のような結果が返ってきたらOKです

Congratulations! Your new Hugo site is created in /Users/ユーザー名/hugo_my_site.

Just a few more steps and you're ready to go:

1. Download a theme into the same-named folder.
Choose a theme from https://themes.gohugo.io/, or
create your own with the "hugo new theme <THEMENAME>" command.
2. Perhaps you want to add some content. You can add single files
with "hugo new <SECTIONNAME>/<FILENAME>.<FORMAT>".
3. Start the built-in live server via "hugo server".

Visit https://gohugo.io/ for quickstart guide and full documentation.


Gitリポジトリを作成

~$ cd hugo_my_site

hugo_my_site$ git init

この時点で一旦コミットしておきましょう

hugo_my_site$ git add --all

hugo_my_site$ git commit -m "initial commit"


除外ファイルを指定

今のうちに除外ファイルを指定して不要なファイルがコミットされないようにしましょう

hugo_my_site$ touch .gitignore

.gitignoreを開き以下のように編集します

publichugoコマンドでビルドした時に作られるフォルダです。


hugo_my_site/.gitignore

+ .DS_Store

+ /public

.gitignoreをコミットしておきましょう

hugo_my_site$ git add .gitignore

hugo_my_site$ git commit -m "add .gitignore"


テーマを利用する

自分でテーマを作成するのもアリですが、今回は既存のテーマを利用しようと思います

テーマのページはこちら

https://themes.gohugo.io/

※テーマを選ぶ時の注意点

テーマの詳細ページに移動するとLicense(ライセンス)という項目があるので

ライセンスの範囲内での利用をするようにしましょう

また、実際のテーマが置いてあるGithubのリポジトリのREADMEもチェックして置く

とさらにGoodです

ライセンスの種類については各々調べてみてください

今回はUnlicense Licenseというライセンスの下記のテーマを利用します

https://themes.gohugo.io/artists/

https://github.com/digitalcraftsman/hugo-artists-theme


テーマを利用する


テーマをダウンロードする

テーマをダウンロードします。この時大抵はgit cloneコマンドをしますが、

このプロジェクト自体のgitリポジトリを作成しているため、git cloneコマンドをすると、

テーマの方のgitリポジトリも作成されるため結果的に2重管理となります。

そのため、テーマの方はサブモジュールとして扱うgit submodule addコマンドを使います

hugo_my_site$ git submodule add https://github.com/digitalcraftsman/hugo-artists-theme themes/hugo-artists-theme

以下のような結果が返ってきたらOKです

Cloning into '/Users/ユーザー名/hugo_my_site/themes/hugo-artists-theme'...

remote: Counting objects: 331, done.
remote: Total 331 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 331
Receiving objects: 100% (331/331), 7.90 MiB | 1.13 MiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (136/136), done.

テーマの方で更新があった場合はgit submodule updateをすると更新内容を反映することが出来ます

テーマの追加ができたのでここらへんでコミットしておきましょう

hugo_my_site$ git add --all

hugo_my_site$ git commit -m "add theme"


テーマを適用する

これで、テーマをダウンロードできました。

ここから、ダウンロードしたテーマを利用して自分のWebサイトを作成していきます

ここで注意するポイントとして、テーマをカスタマイズする時は

基本的にthemesディレクトリのファイルを直接編集しない方法で進めます。

そのため、プロジェクト(hugo_my_site)直下にあるthemesディレクトリ

以外のディレクトリのファイルを編集します


どうゆうこと?? って思うかもしれませんが、

とりあえずダウンロードしたテーマを使えるようにします


exampleSiteディレクトリのコンテンツをコピー

themesディレクトリにあるexampleSiteディレクトリのコンテンツをプロジェクト直下のディレクトリへ上書きコピーします

0ab954d7-86ba-0a21-daf8-b0bff126ff31-1.png


hugo-artists-themeのコンテンツをコピー

hugo-artists-themelayoutsstaticをプロジェクト直下のディレクトリへ上書きコピーします

f742d7c4-bb77-f7fd-a927-fccc35687678-1.png

ここでHugoを立ち上げます

hugo_my_site$ hugo server

こんな具合の結果が返ってきたらOKです

Started building sites ...

Built site for language en:
0 draft content
0 future content
0 expired content
8 regular pages created
8 other pages created
0 non-page files copied
0 paginator pages created
0 tags created
0 categories created
total in 29 ms
Watching for changes in /Users/ユーザー名/hugo_my_site/{data,content,layouts,static,themes}
Serving pages from memory
Web Server is available at http://localhost:1313/ (bind address 127.0.0.1)
Press Ctrl+C to stop

Web Server is available at http://localhost:1313/ と表示してあるので

ブラウザでhttp://localhost:1313/へアクセスし表示を確認してみましょう

以下のように表示が確認できればOKです

sample1.png


ガチャガチャ動かしてみる

ここまででテーマの適用ができました。ここで終わっても良いのですが

アイコンやテキストを変更してみようと思います


テキストを変えてみる

Artists Theme という文字列を変えてみましょう。

この場合は、プロジェクト直下にあるconfig.tomlという設定ファイルを編集します


hugo_my_site/config.toml

    # Header an navigation

#
# To change the header background the 'hero-bg-jpg' at 'static/img'.
# Do the same with the logo ('logo.svg').
# But keep the original filename!
[params.header]
- title = "Artists Theme"
+ title = "Sample Theme"
shortBio = "Thinker // Designer // YouTuber"

すると、以下のように変更されます

sample2.png

大文字で表示されているのはCSSのtext-transform: uppercase;が当たっているためだと思います。

hugo serverを立ち上げた状態で変更すると文字列はリアルタイムで反映されるようです。


画像を変更してみる

背景画像を変更してみましょう。

画像はstaticフォルダのimage置いてあります。

どうやら画像名は今回の場合、hero-bg.jpgであるようなので、

フリーの背景画像をhero-bg.jpgにリネームして上書きしてみます

リロードすると以下のようになりました

sample3.png

ちなみに、お借りした画像はこちら

https://www.pakutaso.com/20171116320post-14060.html


変更内容が反映されない場合

以下を試してみてください



  • hugo serverを落として(Ctrl+c)再度hugo serverで立ち上げてみる

  • ブラウザのシークレットモードを起動して確認する(もしくは、ウィンドウやブラウザ自体を再起動する)


  • hugo serverを落として(Ctrl+c)、hugoコマンドでビルドをし、ビルドエラーがある場合は原因箇所を修正する

これで以上となります

あとは、自分好みで画像やテキストを変更したり新しいページを加えたりしてみましょう

ドキュメントはこちら

https://gohugo.io/documentation/