LoginSignup
178
158

More than 5 years have passed since last update.

【API Gateway】AWS Lambda統合のPythonでHello, world

Last updated at Posted at 2018-03-27

Amazon API GatewayからPythonで書いたAWS Lambdaを起動してみたい、と思ってやってみました。
公式ドキュメント では、Pythonのコード例がなかったので、備忘録的に書いてみます。

手順

AWS Lambda関数の作成

  1. AWSコンソールにサインインして、[サービス]→[AWS Lambda]を選択。
  2. 関数一覧画面が表示されるので、右上の「関数の作成」ボタンをクリック。
    image.png

  3. 「一から作成」を選択し、以下のように入力

    • 名前:hello-world-python
    • ランタイム:Python 3.6
    • ロール:テンプレートから新しいロールを作成
    • ロール名:hello-world-python-role
    • ポリシーテンプレート:テストハーネスのアクセス権限 image.png
  4. 入力したら「関数の作成」ボタンをクリック。 すると、以下のような関数のデザイン画面に切り替わります。
    image.png

AWS Lambda関数のトリガーを設定

この状態では、作成したAWS Lambda関数を実行するきっかけとなるトリガーがありません。

今回はAPI Gatewayから呼び出したいので、Designerパネルの「トリガーの追加」の下の「API Gateway」をクリックします。

すると、「トリガーの設定」という項目がDesignerパネルの下に現れるので、以下のように設定します。

  • API:新規APIの作成
  • API名:LambdaHelloPython
  • デプロイされるステージ:dev
  • セキュリティ:オープン image.png

入力できたら「追加」ボタンをクリックします。すると、下図のようにDesignerパネルの「API Gateway」の項目のところに「保存されていない変更」と表示されるので、一度画面右上の保存ボタンをクリックして保存しておきます。
image.png

AWS Lambda関数の実装

次に、PythonでAWS Lambda関数を記述します。
Designerパネルの「hello-world-python」の部分をクリックすると、Desingerパネルの下に「関数コード」パネルが表示さます。ここが簡易的なエディタになっており、直接コードを記述できます。

ここで、初期状態で入力されているコードは以下のようになっています。

def lambda_handler(event, context):
    # TODO implement
    return 'Hello from AWS Lambda'

このままだとAPI Gatewayが期待する戻り値と一致しないので、戻り値を以下のように修正します。

def lambda_handler(event, context):
    return {
        'isBase64Encoded': False,
        'statusCode': 200,
        'headers': {},
        'body': '{"message": "Hello from AWS Lambda"}'
    }

API GatewayからAWS Lambda関数を呼び出した場合、そのAWS Lambda関数は上記コード例のように、以下の4つの項目を返す必要があります(プロキシ統合のためのAWS Lambda関数の出力形式より)。

  • isBase64Encoded: TrueまたはFalsebodyがバイナリの場合、Base64エンコード文字列でbodyに記述の上、この項目をTrueとします。
  • statusCode: HTTPレスポンスのステータスコードを整数型で記述します。
  • headers: HTTPレスポンスのヘッダーに記述したいものがあれば、ディクショナリでここに記述します。
  • body: HTTPレスポンスのボディを文字列で記述します。

AWS Lambda関数のコードを変更したら画面右上の「保存」をクリックします。

AWS Lambda関数のテスト

保存したAWS Lambda関数のコードに間違いがないかどうか、テストしましょう。「保存」ボタンのすぐ左の「テスト」ボタンをクリックします。  
すると、「テストイベントの設定」という画面が開きますので、以下のように設定します。

  • 「新しいテストイベントの作成」を選択
  • イベントテンプレート:API Gateway AWS Proxy
  • イベント名:APIGatewayEvent1

image.png

設定したら、「作成」ボタンをクリックします。

「テスト」ボタンの左のコンボボックスで「APIGatewayEvent1」が選択された状態で、再度「テスト」ボタンをクリックします。

以下の画面のように「実行結果:成功」と表示されればOKです。
image.png

エラーがあった場合は、以下のような画面となります。「ログ出力」の項目の下の点線矩形内に、コードのどこでエラーが発生したかが表示されているので、ここを参考にコードを直しましょう。
image.png

API GatewayからAWS Lambda関数を駆動する。

ここまでできれば、次はAPI Gatewayをデプロイして、呼び出すことができます。
Designerパネルの「API Gateway」のところをクリックし、下に現れた「LambdaHelloPython」のリンクをクリックします。
image.png

すると、API Gatewayのマネジメントコンソールに移動します。先ほどAWS Lambdaの設定時に作成したAPIの設定画面が表示されます。
image.png

ここで、カミナリマークの上の「テスト」と書かれた部分
image.png
をクリックすると、以下のような画面に切り替わります。

image.png

ここで、「メソッド」に「GET」を指定し、他はそのままで、ページ最下部の「テスト」ボタンをクリックします。すると、以下のようにテスト結果がページの右側に表示されます。
image.png

ページ右側の結果部分に「ステータス:200」と表示され、レスポンス本文が以下のように、AWS Lambda関数でbodyに指定した内容が表示されていればOKです。

{
  "message": "Hello from AWS Lambda"
}

API Gatewayのデプロイ

では、作成したAPIをデプロイして、curlで叩いてみましょう。
「アクション」と書かれたボタンをクリックし、プルダウン表示されたメニューから「APIのデプロイ」を選択します。
image.png

すると、「APIのデプロイ」という画面が表示されるので、「デプロイされるステージ」に「dev」を指定して、「デプロイ」ボタンをクリックします。
image.png

すると、下図のような画面になり、「URLの呼び出し:」に続いてステージURLが表示されます。
image.png

このURLの後ろに/hello-world-pythonとつけることで、作成したAPIにアクセスできます。

curl <ステージURL>/hello-world-python

以下のように、PythonのAWS Lambda関数がbodyで返したレスポンスが表示されればOKです。

{"message": "Hello from AWS Lambda"}

デプロイの削除

上記手順で作ったAPIは「セキュリティ」を「オープン」に設定しているため、誰でもアクセスできてしまいます。第三者から不用意に大量にアクセスされないよう、動作確認ができたらステージを削除しておきましょう。

image.png

まとめ

PythonコードでAWS Lambda関数を記述しました。その関数が返す値を、API Gatewayが求める形式にしました。
作成したAWS Lambda関数をAPI Gatewayから呼び出すように設定しました。
APIをデプロイし、curlで叩くことで動作を確認しました。

178
158
4

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
178
158