VirtualBoxにUbuntuをインストールしてみました。

備忘録的に手順を書いておきます。
なお、Windows 10にインストールしたVirtualBox 5.2.8で動作確認しました。

Ubuntuのisoのダウンロード

Ubuntuの公式サイト(https://www.ubuntu.com/)にアクセスし、Downloads→Desktopをクリックします。

image.png

LTS(long-term support)版と最新版がありました。今回は最新の17.10.1をダウンロードしました。

image.png

以下のような画面の "you can continue to the download" というところのリンクをクリックすると、isoファイルのダウンロードが始まります。
1.4GBくらいあるので気長に待ちましょう。
image.png

Ubuntu用仮想マシンの作成

VirtualBoxで新規仮想マシンを作成します。

エキスパートモードにして、以下のように指定し、「作成」ボタンをクリックします。

  • 名前:Ubuntu64
  • タイプ:Linux
  • バージョン:Ubuntu (64-bit)
  • メモリーサイズ:2048 MB
  • ハードディスク:仮想ハードディスクを作成する

image.png

次の画面で、作成する仮想ハードディスクの設定をします。
ファイルの場所、ファイルサイズを適当に設定します。
ハードディスクのファイルタイプはVDIとしておきます。
image.png

作成ボタンをクリックすると、仮想マシン一覧に作成したUbuntu64が追加されます。
image.png

この仮想マシンを選択した状態で設定ボタンimage.pngをクリックし、設定画面を開きます。

設定画面の「ストレージ」→「コントローラ:IDE」→「空」を選択肢、下図のようにディスクマークをクリックして、プルダウンメニューから「仮想光学ディスクファイルを選択...」を選択します。
image.png

ファイルダイアログが開くので、ダウンロードした「ubuntu-17.10.1-desktop-amd64.iso」を選択して「開く」をクリックします。
image.png

ディスクマークの横に、選択したisoファイルの名前がセットされるので、「OK」ボタンを押してダイアログを閉じます。
image.png

仮想マシンの起動とUbuntuのインストール

メインの画面にもどるので、Ubuntu64を選択した状態で起動ボタンimage.pngをクリックします。

仮想マシンが起動してこんな画面が表示されます。
image.png

画面のどこかをクリックすると、こんなダイアログが表示されます。
image.png

仮想マシンにキーボードとマウスの入力を送信している(仮想マシンがキーボードとマウスをキャプチャーするという表現をします)間は、ホスト側のWindowsの方の操作はできない、ということです。
Windowsの操作をしたい場合は、右Ctrlを押せばキャプチャー状態から抜けます。

ダイアログで「キャプチャー」ボタンをクリック後、キーボード操作で「日本語」を選択してEnterキーを押します。
この画面ではまだUbuntu上でマウスが利用できません。
image.png

上下キーで「Ubuntuをインストール」を選択してEnterキー。
image.png

しばらく待つと「ようこそ」画面が表示されます。
image.png
この画面まで来ると、Ubuntu上でマウスが利用できます。「マウス統合機能」もサポートされており、仮想マシンにマウスをキャプチャーされなくなります。
つまり、右Ctrlを押さなくてもWindowsの操作もできる状態になります。
「続ける」をクリックします。

今回は仮想マシンにインストールなので、以下のように「Ubuntuのインストール中にアップデートをダウンロードする」だけチェックしてみました。
image.png
「続ける」をクリックします。

この画面では、「新しいUbuntuのインストールにLVMを使用する」をチェックし、ほかはそのままで「インストール」をクリック。
image.png

確認画面が出るので、「続ける」をクリック。
image.png

どこに住んでいますか? 「Sapporo」と入力したらきちんと候補に出てきたので、選択して「続ける」をクリック。
image.png

キーボードレイアウト。ご使用中のものを選択してください。
image.png

ユーザー情報の入力。良いように入力しましょう。
image.png
「続ける」をクリック。

インストールが始まります。
image.png
コーヒーでも飲みながら待ちましょう。

インストールが終わるとこんな画面になります。「今すぐ再起動する」をクリックして再起動しましょう。
image.png

こんな画面になってしまいました。「インストールメディアを取り除いてからENTERキーを押してね」とのことです。
image.png

仮想マシンが起動した状態だと、isoファイルを取り除けないので、一度仮想マシンの電源を落としましょう。

メニューの「ファイル」→「閉じる」と選択し...
image.png

「仮想マシンの電源オフ」を選択して「OK」をクリックします。
image.png

設定画面を開いて、以下のように「仮想ドライブからディスクを除去」をクリックします。
image.png

「空」担ったのを確認して「OK」をクリック。
image.png

再度、Ubuntu64を選択して「起動」ボタンを押して起動します。
しばらくすると、サインイン画面になります。
image.png

インストール時に入力したユーザ名、パスワードでサインインすると...
image.png

デスクトップが表示されました。やった!
image.png

まとめ

ホストOSをWindows 10とし、Windows 10にインストールしたVirtualBox上にゲストOS Ubuntuをインストールしてみました。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.