Help us understand the problem. What is going on with this article?

副業エンジニアのすゝめ 〜これから転職を考えている方へ〜

自己紹介・概要

自己紹介

ばーんと言います^^
31歳未経験で2019.11〜エンジニアリングの学習をしています。
現在は副業兼学習中として活動しています。

記事を書く背景

コロナをきっかけに非常に相談が増えました。
「今の業界まずいんじゃないか?」「転職を考えている」等
毎回説明する内容が同じなので、記事にまとめました。

現在自身は安定的に副業としてお仕事も頂けている状態です。
ですので、これからIT業界への転職を考えている方に1つの事例として見ていただければ。

記事の流れ

  1. 自身の実績
  2. 結論
  3. やった内容の詳細
  4. 今から始める人に勧めるプラン
  5. その他

で書いていこうと思いますのでよろしくお願いしますm_ _m

自身の実績

実績ないと説得力もないと思うので、客観的に見た事実だけ記載しています。

  • 学習(& 稼働時間) 約740時間
    今現在(2020/6/17)の実績です。1日3.3時間を大体8ヶ月ほど継続中
  • 仕事一覧
    • LP制作(メンター経由)
    • CMS コーディング(メンター経由)
    • ECサイト ディレクション(知人からの紹介)
    • SNSサイト 画面のみ(Twitter)
    • LP制作(Twitter)
  • ストック案件
    • システム開発(知人からの紹介)
    • システム開発(知人からの紹介)
    • LP制作(メンター経由)
    • コーポレートサイト制作(メンター経由)
    • Shopify(知人からの紹介)

上から時系列で書いてます。仕事一覧は契約済〜納品済の案件です。
ストック案件は急がないよ〜と言われて待って頂いている案件です…
初めて仕事頂いたのは3ヶ月〜4ヶ月目で、マークアップのお仕事です。300時間ほどかかりました。

結論

・ 今の時期に転職はオススメしない(コロナ)
・ 総じて、「まずやってみる!」はアリです
・ なので本業の合間でチャレンジしてみては?

本業の合間で学習するだけはタダですし、誰にも迷惑かけません。仕事を引き受けるまでは自由です。
やってみた感想としては本業での引き出しも増えるので + が多いと感じています。

本業の営業現場で営業能力1点を磨いても、狭き門を戦うことになります。
他業種の知見を取り入れることは本業にとっても必ず + になります。
(単純な労働作業や絶対に本業と関わらないモノでなければ基本的に副業はおすすめです)

やった内容の詳細

1ヶ月目(2019/11)

https://qiita.com/baan_nasebanaru/items/5ad5c49782c0f23a508b

そもそも自分は友人のエンジニアがメンターをやってくれていたので、大枠のロードマップは描いてもらっていました。基本はその通りに進めています。
まずは、マークアップ言語(HTML)から始めました。右も左もわからない状態でしたが、教材が多くあり1人でもなんとかできました。
今見返すとデザインもマークアップもへったくれもないのですが、簡易なWebサイトを制作し公開します。

(https://minsyuku-example.netlify.app/index.html)

PickUp: 始めた動機について

実は自分が学習を始めたきっかけは某インフルエンサーの方です。
「へー簡単にできるんだ」と思って触ったのを覚えてます。実際そんなことないやんwと思ってすぐに方向転換しましたが。

2ヶ月目(2019/12)

https://qiita.com/baan_nasebanaru/items/27961e8e6ea056cb1781

正直モチベーションはこの時下がってました。ただ、メンターが密に連絡とってくれたり、実際にオフラインで共同作業することで回復してその後に繋がります。感謝。
この時はポートフォリオサイトがあると良い!と考えて作成します。

(https://baanportfolio.netlify.app/)

が、デザインが無知 & マークアップも無知ということで模写をしてコードレビューを受けました。
模写はタグの理解も深まりますし、デザインも学習できるのでとても良い体験でした。

あと、この時にオフラインのLT会に参加します。人脈は大切や!と考えてた気がします(実際に人脈はとても大切)。
周りが知らない人だらけなので緊張しましたが、出会いもあったのでよかったです^^

3ヶ月目(2020/2)

https://qiita.com/baan_nasebanaru/items/06828bab067940e7a54c

デザインが駄目!ということも分かりCocodaさんのDailyCocoda!chot.designさんを活用していこうと考えました。
また、前のポートフォリオサイトでは仕事はこないので再度作り直しました。

(https://baan.work/)

あとはこの時にアルゴリズムが楽しくなっていったのを覚えてます^^

4ヶ月目(2020/3)

https://qiita.com/baan_nasebanaru/items/06449b001eec53fb9566

転職に向けた活動開始!でGreenやWantedlyに登録します。
Green
Wantedly

また、メンターから初案件をもらいめちゃくちゃ苦労したのを覚えてます。

PickUp: 案件と転職ついて

生意気だ!と思われるかもしれないのですが、この時も今も「仕事の獲得も転職もこちらから能動的に動きたくない」と考えています。理由は2つあって

  1. 時間があまり取れない中で学習以外の時間を増やしたくない
  2. 相手から必要とされるレベルになる!ぐらいの意気込みでやらないと伝わらない

と考えたからです。これが功を奏しているのかは分かりませんが、信頼頂いた方からの紹介もあり継続的にお仕事を頂けています。

PickUp: 挫折について

挫折?という表現が正しいかは分かりませんが、毎日やろう!と決めていたデザインの学習はすぐに辞めてしまいました…
僕の苦手意識や向き不向きもあり他のことをして目を逸らしていました。
個人的には、そういうものがあってもいいんじゃないかって思います。全部が全部は上手くいきません。

ただ、一応今のデザイン力だとまずいので別のメンターさんに見てもらってますw

5ヶ月目(2020/4)

https://qiita.com/baan_nasebanaru/items/7da95e0811cb54a49e44

実務を通して多くのことを学んだのを覚えています。
基本的な仕事の流れはパチンコ屋だろうが、IT業界だろうが大きくは変わらない!と感じましたが独特の作法があり、そしてそれらはネットに載っていないので沢山フィードバックを貰いました。

まとめ記事はコチラ

また、この時に開業届を出しています。一瞬で終わるのですが周りからの見え方は違うのでとてもオススメです^^

あとは、コンピュータサイエンス(CS)学習を開始します。
CS単体でももちろん意味はありますが、実務と組み合わせることで劇的に理解が進んだのを覚えています。

PickUp: CS学習について

個人的にはエンジニアリングに携わるのであれば必ず学習した方がいいと思っています。

先日友人から「なんで今更基本情報なんて受けるの?」と聞かれて

「数学の教師を目指してる人間が四則演算のやり方知らないってありえないでしょ」と答えました(例えが正しいのかは知りませんw)

色んな方に勧められて学習したというのもありますが、僕自身が自分の携わっていることで知らないことがあるのが単純に嫌だったというのもあります。

6ヶ月目(2020/5)

※QiitaのURLは5ヶ月目と同様

システム開発の依頼を受けることになります^^
「コード書けないやろ?」と思いますよね??

そうです(綺麗には)書けません^^ ので条件があります。

「出来上がったものを見て期待したものであればお金を払う」という条件です。

これは知人でお互いの信頼関係があったからできたのかなと思っています。
正直自分からすれば無償でもキャッチアップしていこう!と思っていたものなので、それでいて成功したらお金もらえるのは + しかないですね。
この辺りを気軽に受けれるのは副業の強みかなと思います。

今から始める人に勧めるプラン

上記を踏まえてお伝えしていきます。まず大前提として、

今の時期に転職は死ぬほどオススメしません(コロナ的な意味で)

また、転職には2種類動機があると思っています。

  • したいことが他にできたので転職したい!
  • 今の職場の否定から入る転職

後者の方でかつ「将来性がない」「手に職を持ちたい」などのふんわりした動機の場合は一旦冷静になった方がいいです。
本当にエンジニアじゃなければいけないのか?今なのか?副業としてチャレンジできないのか?

前者の場合はやりたいことが決まってるはずなので対象外。なので、後者の方向けに4点あります。

言語はマークアップ(HTML)から

エンジニアといっても フロント/インフラ/バック/機械学習/スマホアプリ…etc と幅広いです。
その中で最初にオススメしたいのはWebサイト制作です。メリットは

  1. 比較的早期に実務経験ができる確率が高い(単価は安い)
  2. 馴染みがある。かつ、目の前に動くものができるのでモチベーションに繋がりやすい
  3. ロードマップの再現性が高い

特に1の実務経験が大きいなと感じています。
Gitの使い方、FTP、ドメインの設定、(Sassの)コンパイル、サイト公開までの流れ…etc
これらはプログラミング言語でなくとも習得できますし、とても大事なことです。

実務経験が積めるのであれば、プログラミング言語でも良いです(そういったスクールもあります)。
※独学で始める想定なのでマークアップから勧めています

ただし、Wordpressはおすすめしません。
Wordpressを扱う人の数の減りよりも、Wordpressの仕事が減る量が多いので。

今であれば、shopifyやノーコードが良いかと思います。

①職業訓練 + 独学

職業訓練校に通いつつ、独学で進めるプラン。
正直当たり外れはあるのようなので、そこは通ってから判断してもいいかと。
実際に職業訓練から転職した方はこの方法を強く勧められている方が多いです。

ただし、これは転職を前提にしたプランです。多分社会人しながらは厳しい。

②MENTA + 独学

MENTAというサイトがあり、お金を払ってメンターを雇うことができます。
https://menta.work/

初回のカウンセリングをプランにしている方も多いので、まずは受けてみる
というのも全然OKだと思います。実績やレビューも見れるのである程度安心感はあるかと。

副業の方でも選べるプランです。また、①のプランとも併用可能。
ちなみに僕が8ヶ月前に戻って友人がいない状態ならこれを選びます。多分。

③無償や低額のコミュニティを当たってみる

IT業界は初学者へのサポートが厚いです。無償で初学者支援している方もいます。
探せば低額 or 無償でサポートしている方もいます。
50万円や100万円払ったからといって良いものが出てくるとは限りません。
まずは小さい単位でチャレンジしてみましょう^^

その他

家族の説得の仕方

自分の時はコロナの時期ではなかったですが、家族(周囲)から結構反対されました。
説得するのに必要なものは実績と熱意です(そもそも説得なんか要らん!という方は読み飛ばして下さい)。

特に自分の場合は実績が大きかったです。副業のお金を渡してからはむしろ協力的になりました。

情報の取捨選択

ITの世界は外から見ると分からないことが多いです。そこにつけ込んだ悪徳商売も存在しています。
なのでなるべく小さい単位から始めることをオススメします。小さく始めていき色んな情報に触れる中で真偽を見抜く力を養うと良いのかなと思います。

IT未経験の方が「エンジニアになりたい」と思い検索すると99.999999%検索上位によろしくないサイトが出ます。

相手(教師)にオールインする

自身の仕事柄新入社員の教育を沢山してきました。沢山。
伸びる(活躍する)人の特徴は「自分の考えを持っていて、教師側の指導をそのまま実践する人」です。

正確にいうと自分の考えは持っていなくとも、教師の指導通りに動くだけで伸びます。
ただ、教師もいつまでも教えられるわけでもないので、最終的なゴールを考えると自分で考える力は必要です。

転職で未経験の業界にいくのも新入社員みたいなもんです。変なプライドは捨てて相手の指導に従った方が良いです。

勿論ダメな教師も存在はします。その場合は複数のメンターに相談してみるなどで解決すると良いかと思います。
メンターが言ってることが共通であればあなたの認識を変える必要があります。

ありがとうございました

こんな記事を最後まで読んで頂いてありがとうございましたw
ここまで読んで頂けたのはとても嬉しいです^^

お礼ではないのですが、「転職で本当に悩んでいる」という方は
TwitterのDMなどでばーんに直接ご連絡頂ければご相談に乗れるものは対応致します。
(流石に公に書けないこともあるので)

それでは最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

baan_nasebanaru
2019.11~ITに興味を持ち学習開始。現在は副業としてWebサイト制作やシステム開発に携わっています。React中心でお仕事を受けています。 転職活動開始しました。 わくわく会というコミュニティにも所属しており初学者の方のサポートや、案件の紹介をしています。もちろん無料のコミュニティなので、興味のある方は是非お声掛けください^^ (TwitterのDMが1番反応しやすいです!)
https://baan.work/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away