Help us understand the problem. What is going on with this article?

Bluemixでデータ分析!dashDBとTwitter連携

More than 3 years have passed since last update.

前回↓、とりあえず触ってみたので、今度はBluemixっぽいことをしてみたいということで、Twitterのデータを読み込んでみた。
http://qiita.com/azzeten/items/d10fa47d115093cffef8

先に結論を言ってしまいますと、こんな感じのグラフを書いていきます。
たとえば、どの国からのTweetが多いかとか、何日のtweetが多いかとか、ポジティブな発言が多いのかnegativeな発言が多いのかとか、他にはどんなハッシュタグと一緒にtweetされているのかとか、そういうのが見れるようです。
WS000024.JPG

で、もちろん、これらのデータはリレーショナルなDB表に突っ込まれているので、自分でクエリを書いたりなんやかんやするってことが可能というわけですね。

では、張り切ってやってみよー。

まずはTwitterのデータを読込準備:Bluemixで「Insight for Twitter」のサービスを作成する

dashDBにTwitterのデータを取り込むには、まずTwitterのデータを読み込むためのBluemixのサービス「Insight for Twitter」を作成。
特に何も難しいことは考えずクリックしまくればOK。
WS000016.JPG

dashDBからTwitterのデータを取り込む

前回の記事で紹介したように、専用URLにアクセスし、左ペインから「Load」→「Load Twitter Data」をクリック
WS000012.JPG

どのInsight for Twitterのサービスを使うのかと聞かれるので、先ほど作成したものを選んで、Next
WS000013.JPG

①Twitterデータの具体的に何を取り出したいのかを指定する。たとえばハッシュタグとかが指定できる。ここでは#dashDBとしてみます。
②入力したらGetTweetCountをクリック。#dashDBで、どれくらいのデータ規模になるかがわかります。データは入らないと意味がないので、ここで確認。
③OKそうだったらNext
WS000015.JPG

Twitterのデータをimportすると、複数のテーブルに分けていろんなデータが入るようで、それらのテーブルがひとめでわかるようにprefixを入力せよとウィザードにでてきます。
適当にいれて、Next。
WS000017.JPG

あとは待つだけです。
WS000019.JPG

というわけで、冒頭の結果が返ってくるわけです。

まだまだ自分もいじりきれていませんが、試してみるのは面白いなと思います。

azzeten
「試してみた」ことを、書き残してみます。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした