Posted at

【NCMB】【Unity】二フクラ オートログイン機能

More than 1 year has passed since last update.


背景

二フクラ mobile backendを導入するにあたって、よく使いそうな機能について抜粋して記事にしていきたいと思います。

公式のドキュメントに分かりやすく記載されていればこんなことをしなくて済むのですが、実情はサンプルプロジェクトに散在していることが多いので、自分用のメモ及び、初めて導入したい人が探す手間が省ければと思い、まとめます。


コード


AutoLogin.cs

using System.Collections;

using UnityEngine;
using NCMB;

public class AutoLogin : MonoBehaviour
{
private const string userNameKey = "_user_name_";
private const string passwordKey = "_pass_word_";

//---------------------------------------------------------------------------------------------
// アプリ起動時に呼ばれるメソッド (オートログイン)
//---------------------------------------------------------------------------------------------
IEnumerator Start()
{
// Unity(端末)に保存された `ユーザ名` と `パスワード` を取得 (保存されていない場合は空文字で初期化)
string userName = PlayerPrefs.GetString(userNameKey, "");
string password = PlayerPrefs.GetString(passwordKey, "");

// Unityにユーザ情報が保存されているか
if (userName == "")
{
// 保存なし -> ユーザ登録処理
Debug.Log("No User Info on Unity");
yield return StartCoroutine(userRegistrationCoroutine());
}
else
{
// 保存あり -> 現在ログインしているか
if (NCMBUser.CurrentUser == null)
{
// ログインしていない -> ログイン処理
yield return StartCoroutine(loginCoroutine(userName, password));
}
}
}

//---------------------------------------------------------------------------------------------
// 任意文字数のランダム文字列を生成するメソッド
//---------------------------------------------------------------------------------------------
const string letters = "abcdefghijklmnopqrstuvwxyz1234567890";
private string genRandomString(uint strLength)
{
string randStr = "";
for (int i = 0; i < strLength; i++)
{
char randLetter = letters[Mathf.FloorToInt(Random.value * letters.Length)];
randStr += randLetter;
}
return randStr;
}

//---------------------------------------------------------------------------------------------
// 会員登録を行うメソッド
//---------------------------------------------------------------------------------------------
private IEnumerator userRegistrationCoroutine()
{
// NCMBUserクラスのインスタンス生成
NCMBUser user = new NCMBUser();

// パスワード
string password = genRandomString(16);
user.Password = password;

// UserIDが重複したらやり直し
bool isSuccess = false;
while (!isSuccess)
{
bool isConnecting = true;
// ランダム文字列でユーザ名を設定してユーザ登録実行(非同期処理)
user.UserName = genRandomString(16);
user.SignUpAsync((NCMBException e) => {
if (e != null)
{
// ユーザ登録失敗
if (e.ErrorCode != NCMBException.DUPPLICATION_ERROR)
{
// ユーザ名重複以外のエラーが発生
Debug.Log("Failed to registerate: " + e.ErrorMessage);
}
}
else
{
// ユーザ登録成功
isSuccess = true;
Debug.Log("Succeeded to registrate");
// Unity(端末)に情報を設定
PlayerPrefs.SetString(userNameKey, user.UserName);
PlayerPrefs.SetString(passwordKey, password);
}
// ユーザ登録処理(1ループ)終了
isConnecting = false;
});
// ユーザ登録処理(1ループ)が終了するまで以下の行でストップ(強制的に同期処理にする)
yield return new WaitWhile(() => { return isConnecting; });
}
}

//---------------------------------------------------------------------------------------------
// ログインを行うメソッド
//---------------------------------------------------------------------------------------------
private IEnumerator loginCoroutine(string userName, string password)
{
bool isConnecting = true;
NCMBUser.LogInAsync(userName, password, (NCMBException e) => {
if (e != null)
{
// ログイン失敗
Debug.Log("Failed to login: " + e.ErrorMessage);
}
else
{
// ログイン成功
Debug.Log("Succeeded to login");
}
// ログイン処理終了
isConnecting = false;
});
// ログイン処理が終了するまで以下の行でストップ
yield return new WaitWhile(() => { return isConnecting; });
}
}



使い方

これをタイトルSceneなど最初に読み込まれるSceneのGameObjectにアタッチすると自動でサインアップorログインをしてくれます。

ユーザー名とパスワードはPlayerPrefsに保存されます。

ユーザー名をkeyにNCMBのScript機能でデータストアからデータを引っ張ることもできそうです。