Edited at

【UMLでプリキュア】変身のセリフのオブジェクト図(資料編2)

More than 1 year has passed since last update.

2018/9/18 追記

@JINCHANGUITAR さんの記事「設計を学ぶときに興味を持った投稿記事」に紹介して頂いたので、

考えるときの理由を追記しました。


概要

資料編1からのクラスの検討の経緯を記録したもの


オブジェクト図からの整理


セリフにある種類をクラスとして認識した場合

「変身シーンのセリフ」には、「開始の合図」に始まって「個人の名乗り」や「チームの名乗り」などがある。

プリキュアとの多重度が異なる。

image.png

セリフのそれぞれの部分は、どれも「セリフ」である。

image.png


セリフにある種類をロール名(=関連端名)として認識した場合

この継承関係の図だけを見ると、全部「セリフ」クラスでも良いように思える(※1)。

その場合は、「セリフ」クラスから「プリキュア」クラスへの関連端は、1..*で統一し、

「開始の合図」などのクラスは、「関連端名」にする。

image.png

(※1)そう思える理由:

理由は、継承された側のクラスに、属性や操作が追加されていないからである。

追加されていないということは、追加された特別な特徴がないということである。

このような場合、継承自体に意味がなく、単に関連端名(=ロール名)を、派生と勘違いしているケースが考えられる。