オブジェクト指向
uml
モデリング
プリキュア

【UMLでプリキュア】変身のモデル見直し


前回からの反省

前回の記事【UMLでプリキュア】分析モデル の続きを書こうとしたのですが、

なんと、ドメインの分析が足りなかったようです。

モデルを見直します。

変身のセリフを調べていたら、

そもそも、変身の概念って、プリキュア個々人ではなく、

複数人での変身がそもそも基本なんですね。

確かに、、、!!!

参考サイト:歴代プリキュア、変身シーンのセリフまとめ!最新作『HUGっと!プリキュア』までの決め台詞


変身をモデルで理解する

今回は、変身のドメインの再理解からです。


変身はそもそもチームでするもの

前回モデル化したときは、プリキュア個々人が変身するだけと思っていたけれど、

上述の参考サイトを見て調べたら、変身は、メンバーがある程度の人数そろっているときに、

みんなで最初の掛け声を出してから、個々人が変身し、その場にいる全員の変身が終わったところで、

再び、全員でのセリフがあるのです。

(『ふたりはプリキュア』は、もう少し複雑だが、まずは除外した。後で見直したい)


変身時に必要な相手の考え方

当初、あるプリキュアが変身するには、その場に同時にいるべきメンバーがいるのだと思って、

前回のモデルを描いたのですが、

どうも、変身についてみていると、

『ふたりはプリキュア』は、二人が一緒にいないと変身できない、

『プリキュア5』は、一人でも変身できるけれど、複数人でも変身できる、

のように、「変身」というものに、実行開始可能メンバーがあるのだと認識を改めました。


見直したモデル

ゆえに、それをモデル化すると、

image.png

「変身」とは、複数人の「変身する者」がいて、

「開始のセリフ」と「終了のセリフ」がある。

そして、変身するプリキュアには順番がある(これは関連端の {ordered}制約で表現)。

そのほかに、変身には「必須メンバー」が 0人以上いる(多重度 0..* がそれを表している)。

『ふたりはプリキュア』ならば、必須メンバーに二人が入っていて、

『プリキュア5』ならば、必須メンバーはいない、

という感じです。


改めてモデル全体像

技についても、変身と同様かと思いきや、どうも同じじゃないみたい。

技のセリフをよくまとめたサイトが見つからなかったので、資料不足で、まずは技の部分は見送り。

image.png


今回の終わりに

という訳で、すみません。プリキュアを初代から見てきた自負はあったのですが、

あんまり、クラス的には理解不足だったみたいです。

モデルの見直しもしながら、連載になりそうです。