Unity
authentication
Firebase

UnityでFirebaseのAuth使ってみる サンプル動かすところまで

More than 1 year has passed since last update.


環境

mac

Unity2017.3.0f3

Xcode 9.2


事前準備

とりあえずfirebase

に登録してプロジェクトを追加。

そしてSDKをダウンロード

今回はauthとそれからDatabase使うのでその二つのパッケージを入れました。

Authだけ使う場合はAuthだけでいいかと。

スクリーンショット 2018-02-22 00.24.16.png

各プロジェクトのサンプルがあるのでダウンロード

Unity プロジェクトに Firebase を追加するここの下の方に記載があるようにplistのファイルをAndroid ios両方作成

場所はメニューの左のとこからプロジェクトの設定

auth1.png

ios Androidのを作って両方ダウンロード


Authのサンプルを動かす

新規プロジェクト作成。

FirebaseのAuth、Databaseのパッケージをインポート。

先ほどダウンロードしたios Androidのファイルをプロジェクトの適当なところに置く。

githubから落としたサンプルのAuthのファイルをそのまま配置

スクリーンショット 2018-02-22 00.34.08.png

Androidでビルド。

これだけでAndroidは動く。

実行画面はこんな感じ。

スクリーンショット 2018-02-22 00.35.13.png

あとあと、もう一個設定があって

Firebaseのログイン方法、これがデフォルト全てfalseになっているので必要なものを有効にしないとログインでエラーになる。

エラーになる場合はこちらのエラー一覧で原因見ればわかるかも。

メールアドレスでのCreateUser、サインイン、ログアウトなど動いた。

ログインできればこんな感じでデータが見れる


iosで動かす。

iosでビルド。そしてxcodeで実行・・・エラーorz

スクリーンショット 2018-02-22 00.56.52.png

調べた結果、普段ってUnity-iphone.xcodeprojをクリックして起動していたのですが、

一個下のxcworkspaceの方で起動するらしい。

スクリーンショット 2018-02-22 01.10.26.png

これでios無事ビルド成功、起動しました。

xcodeの知識がないから苦労するな・・・。

これでAndroidでユーザー作ってiosで同じアカウントでログインとかもバッチリ。

とりあえずサンプル動いたのでいったんここまで