Help us understand the problem. What is going on with this article?

Surface Pro 6にVS Codeを入れてみた

More than 1 year has passed since last update.

最近は、Python, JavaScript(TypeScript)のエディタとしてVS Codeを使っています。
なんならターミナルで実行したいPythonスクリプトの実行も、VS Codeを使っています。

ということで、Surface ProにもVS Codeを入れるべく、入れてみました。
結論から言うと、特になんの苦労もなく、入りました。
(必要なディスク容量は200MB程度でしたので、ディスク容量が小さいSurfaceでも入るかと思います。)

Visual Studio Code公式サイト

スペック、バージョン等

  • 端末:Surface Pro 6 SSD 128GB/メモリ8GB
    (OS & バンドルされたOfficeインストールした状態で残り90GB程度の空きがある)
  • OS:Windows 10 Home
  • VS Code: Ver. 1.29 (2018/12/1現在)

バイナリのダウンロード

  • Visual Studio CodeのサイトからWindows用のSystem Installer 64bit版を選択します。(ユーザーローカルにインストールする場合はUser Installerを選択)
  • ダウンロードしたインストーラーを実行して、特にこだわりがなければ、ウィザードに沿って、そのままインストールします。

インストール先や、拡張子の関連付けは好みですが、自分の場合は、いろんなファイルをVS Codeで開くことが多いので、コンテキストメニューに「Codeで開く」を追加する等のオプションを設定しています。

参考(インストール直前の確認)
インストール先:
      C:\Program Files\Microsoft VS Code

プログラムグループ:
      Visual Studio Code

追加タスク一覧:
      その他:
         エクスプローラーのファイル コンテキスト メニューに [Code で開く] アクションを追加する
         エクスプローラーのディレクトリ コンテキスト メニューに [Code で開く] アクションを追加する
         サポートされているファイルの種類のエディターとして、Code を登録する
         PATH への追加(再起動後に使用可能)

インストールは以上です。
VS Code上でのPythonなどの環境構築についても、近々メモを残しておきたいと思います。

追記:VS Codeを日本語表示に変更する方法

今回新規にインストールしたところ、表示言語が英語のみになっていて戸惑った。
ver 1.25から英語のみになっているとのこと。

参考サイト:VS Codeで表示言語を変更するには

日本語表示に切り替えるためには、VS CodeのExtentionsでJapanese Language Pack for Visual Studio Codeを追加する必要があった。

ja.png

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away