Help us understand the problem. What is going on with this article?

Macでnginxを使う

More than 5 years have passed since last update.

まずは使ってみる

基本は

brew install nginx

でインストールしたら

nginx

で起動して

http://localhost:8080

を開けばいいだけ。

設定は

/usr/local/etc/nginx/nginx.conf

においてあり、ここを変えて変更する。

  • ストップ: nginx -s stop
  • リロード: nginx -s reload

のようにできるので、設定を変えたらリロードを忘れないこと。

localhost:8080のルートは、デフォルトで

/usr/local/www

に設定されており、このディレクトリ下のindex.htmlを書き換えれば内容が変わる。

モジュールをいろいろ使いたいとき

marcqualie/nginxに管理されているnginx-fullを使うのが良いらしい。

ちなみにnginxはモジュールとか言いつつ毎回ビルドし直さないといけないから、インストール時に何を入れるか指定しないといけない。なのでbrew nginx-fullで一から入れ直すという方法が簡単。

brew options marcqualie/nginx/nginx-full

とすれば、インストールできるモジュール一覧が確認できる。

とりあえず、image-filterと、使えるという噂のLua モジュールを入れてみる。

brew install marcqualie/nginx/nginx-full --with-lua-module --with-image-filter

--with-image-filterはGD Libraryが必要なので、brew install libgdをした後にやらないとダメなので注意。

brew install nginxをしちゃってる人は、brew uninstall nginxをしてからやったほうが無難。まぁbrew link nginx-fullとか使えば後からでもなんとかなる。

awakia
検索とか推薦とかやってきたエンジニア。早稲田の山名研出身。大学院の頃、論文を書こうとしない僕を見かねた教授に、北京のMSRAに追放されるが3ヶ月後無事帰還。 大学を卒業後、エンジニアのブラックホールとの別名を持つGoogleに吸収されそうになるが1年2ヶ月後無事生還。 現在は、Wantedly(https://www.wantedly.com/ )の4番目のエージェントとして救出活動に専念。
http://awakia-n.hatenablog.com/
wantedly
「シゴトでココロオドル」ためのビジネスSNS「Wantedly」の開発・運営をしています。
https://wantedlyinc.com/ja/presentations
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした