Posted at

AWSのサポートに入ってみた

More than 1 year has passed since last update.


前提条件

AWS を月に$20,000ぐらい使っていて、使用開始をしてそろそろ5年

その間に色んなサービスが出ては消えて、何が何だか分からなくなってきた

また、ここ数年AWS が頑張りすぎてて、新しい機能を十分に使えてるとは限らない状態

AWSサポートを導入しての迅速なサポートを受けたいのと、コスト削減をしたくなった


導入の障害

予算。。。


プランの比較検討

https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/compare-plans/

開発者
ビジネス
エンタープライズ

メリット
安い
中間なので日本人的に選択しがち
TAMとやりとり出来る。

デメリット
サポートケース作成者が一人だけ。AWS Trusted Advisorが4項目だけ
中間なので日本人的に選択しがち
高い


月額料金の比較

スクリーンショット 2018-01-23 10.22.26.png

月額 20,000USD のアカウントとして計算

開発者
ビジネス
エンタープライズ

600USD
2,000USD
15,000USD


注意事項


デベロッパーサポートプラン、ビジネスサポートプランまたはエンタープライズサポートプランにサインアップしたときに既存のリザーブドリソースがある場合、予約期間で案分計算されるリザーブドリソースに対する 1 回限りの料金 (前払い) が、AWS サポートの最初の月の料金計算に含まれます。


月額料金、今の金額だけで比較すると罠が仕組まれているので、

リザーブドリソースがないかどうかは確認した方が良い

ちなみに弊社は買ってなかった。。。。


サポートに対する弊社技術陣の要望


  • AWSを使用してる人は誰でもサポートと連絡取りたい。AWSと繋がってる人を経由するのは時間が勿体無い

  • 日本語で回答しれくてると嬉しい

  • 一次回答はなるべく早め(出来れば当日中)に欲しい


  • AWS Trusted Advisorを全項目みたい


これって。。。

要望をまとめると、エンタープライズだと十分すぎて、開発者プランだと足りない

もはやビジネスプラン一択な状態。。。

比較検討の余地もない。。。

そんなわけでビジネスプランに加入してみました


加入して最初にやったこと

まずはAWS Trusted Advisorですよね

画面開いたらまずこの表示が出てきました

____________________________2017-12-22_13.59.53.png

早くも4,000USDの節約。。。。

2,000USDのために色々検討したのにこれですよ。。。

皆様、ぜひサポートに加入しましょう!