Python
GitHub
Heroku
Flask

【Heroku】GitHubで作成したFlaskアプリをHerokuに連携させる

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

すでに自分がgithubで作ったFlaskアプリをHerokuにデプロイするために必要なことをまとめました

1.準備

  1. Herokuの公式サイトで、アカウントを登録します。

  2. Getting Startedのset upからHerokuをダウンロードします

  3. Personal appsからnewを書かれたボタンを押してアプリを作成します。
    この時、アプリ名はなんでもいいですが、関連するのが望ましいとは思います。

2.GitHubアカウント連携

herokuA.png

作成したアプリを押すと、↑のような画面になるので、Deployタブを選択し、Deployment methodGitHubを押します。

そのあとは、自分のデプロイしたいリポジトリを選びます。

herokuB.png

↑この状態になってればOKです

3.必要ファイルを作成

自分のデプロイしたいリポジトリにファイルを三つ作成します。
terminalなどで、リポジトリのディレクトリのルートに入り以下を実行します

$ pip install gunicorn
$ pip freeze -l > requirements.txt
$ echo "web: gunicorn 起動ファイル名:app --log-file -" > Procfile
$ echo "pythonの環境" > runtime.txt

manage.pypython-3.6.3で起動するなら、

$ pip install gunicorn
$ pip freeze -l > requirements.txt
$ echo "web: gunicorn manage:app --log-file -" > Procfile
$ echo "python-3.6.3" > runtime.txt

4.デプロイ

先ほどの変更をそのままpushすれば反映されます

$ git add .
$ git commit -m 'Heroku'
$ git push origin master

5.確認

$ heroku login
$ heroku open --app 自分の作成したアプリ

これで確認できるはずです。ちなみに、若干のタイムラグがあるので即時反映はされません。

できない場合は、

herokuB 2.png

Deploy Branchを押して、下の方に出て来るViewを押して確認してください

おわりに

参考にしたサイトは、

です