vue.js
ElementUI

Vue.js ElementUIのTimePickerに任意の値を入力する(バリデータの追加)

本稿は下記の記事の続きです。
Vue ElementUIのTimePickerに任意の値を入力する
https://qiita.com/at-sea/items/4889ffdac9f70be9c279

リスト要素になっているTimePicker(el-time-select)に対して、バリデーションを実装してみました。なかなかうまく動作せず、数パターン試しました。動かないパターンも含めて掲載します。
解説はコメント文中に埋め込んでいますが、大きなポイントは2つありました。
1. リスト要素にバリデーションを行うために、公式にならい、el-form-itemタグにバリデーションルールを直接書き、propsでindex番号を付与しています。
2. 先の記事に書いたように、el-time-selectでリスト選択する方法と手入力の両方を許容するためにblurイベントの最後に値を書き換えていますが、この後にバリデーションを実行させています。こうしないと、バリデーション→値の書き換えとなってバリデーションが空振りとなります。

<template>
<div>
  <!-- el-form の ref と model でバリデーション対象のモデルを指定しておく -->
  <el-form :rules="rules" :inline="true" ref='scheduleForm' :model='scheduleForm'>
    <el-form-item v-for='(schedule, index) in scheduleForm.scheduleList'>
      ({{index + 1}}日目)
      <!-- DatePicker, TimePicker にリストの番号をidxNumberという属性で付与しておく -->
      <el-date-picker v-bind:idxNumber='index' v-model='schedule.startDate' type='date' :clearable='false' />

      <!-- form-itemタグのpropでvalidatorに渡す属性を付与する。公式サイトの「Delete or add form items dynamically
」を参考に。 -->
      <!-- 入力チェックは、必須チェックと、時刻形式の2つをチェック -->
      <!-- 入力チェックルールはここに書かないと、validatorに値を渡すことができなかった。 -->
      <!-- form-itemタグに書かない方法もあるのかもしれないが、分からなかった。 -->
      <el-form-item :prop="'scheduleList.' + index + '.startTime'" :rules="[
       {required: true, message: '入力してください'},
       {pattern: /^([01]?[0-9]|2[0-3]):([0-5][0-9])$/, message: '時刻形式[00:00~23:59]で入力してください'}
      ]">
        <el-time-select v-bind:idxNumber='index' v-model='schedule.startTime' @blur='inputToStartTime' :clearable='false' /> -
      </el-form-item>

      <!-- これだとValidatorは呼べるが値が渡せていないため、常にNotNull状態になる -->
      <el-form-item :prop="'scheduleList.' + index + 'endTime'">
        <el-time-select v-bind:idxNumber='index' v-model='schedule.endTime' @blur='inputToEndTime' :clearable='false' />
      </el-form-item>

      <!-- 開始終了のコンポーネントもちょっと試してみる -->
      <el-form-item prop="startEndTime">
        <el-time-picker is-range v-model="schedule.startEndTime" range-separator="-" start-placeholder="Start time" end-placeholder="End time" format='HH:mm'>
        </el-time-picker>
      </el-form-item>
    </el-form-item>

    <!-- 参考までに基本パターン -->
    <div>
      <el-form-item prop="start">
        <el-time-select v-model='scheduleForm.start' :clearable='false' @blur='inputToStart' />
      </el-form-item>
    </div>
  </el-form>
  <el-col>{{scheduleForm}}</el-col>
</div>
</template>

<script>
export default {
  data() {
    var checkTime = (rule, value, callback) => {
      if (!value) {
        return callback(new Error('入力してください'));
      }
      // 正規表現による書式チェック
      if (!value.match(/^\d{2}\:\d{2}$/)) {
        callback(new Error('時刻形式[HH:mm]で入力してください'));
      }
      var vHour = value.substr(0, 2) - 0;
      var vMinutes = value.substr(3, 2) - 0;
      if (vHour < 0 || vHour > 23 || vMinutes < 0 || vMinutes > 59) {
        callback(new Error('時刻の範囲が不適切です'));
      } 
      else {
        callback();
      }
    };
    return {
      scheduleForm: {
        scheduleList: [{
            startDate: '2018-03-18',
            startTime: '09:00',
            endTime: '17:00',
            startEndTime: [new Date(2016, 9, 10, 8, 40), new Date(2016, 9, 10, 9, 40)]
          },
          {
            startDate: '2018-03-19',
            startTime: '09:00',
            endTime: '17:00',
            startEndTime: [new Date(2016, 9, 10, 8, 40), new Date(2016, 9, 10, 9, 40)]
          }
        ],
        start: '09:00'
      },
      rules: {
        endTime: [{
            required: true,
            message: '入力してください',
            trigger: 'blur'
          },
          {
            pattern: /^([01]?[0-9]|2[0-3]):([0-5][0-9])$/,
            message: '時刻形式[HH:mm]で入力してください',
            trigger: 'blur'
          }
        ],
        // 基本パターン用
        start: [{      
          validator: checkTime
        }],
        startEndTime: [{      
          type: 'date',
          required: true,
          message: '入力してください',
          trigger: 'blur'
        }]
      }
    }
  },
  computed: {},
  methods: {

    // 引数 componentには、elementUIによってコンポーネント自体(TimePicker)が渡される。
    // _data.userInputには、ユーザ入力値が入っている。
    // _date.valueOnOpenには、ピッカーで選択した値が入っている。
    // 手入力・ピッカーでの選択により、userInputとvalueOnOpenどちらかに値が入り、もう一方はNullのよう。
    // TimePickerはstepに設定された値単位に補正してmodelにバインドするため、手動で値を代入する。
    inputToStartTime(component) {
      this.scheduleForm.scheduleList[component.$attrs.idxNumber].startTime =
        (component._data.userInput) ? component._data.userInput : component._data.valueOnOpen;
      component._data.valueOnOpen =
        (component._data.userInput) ? component._data.userInput : component._data.valueOnOpen;
      // Formすべてのバリデーションを実行する。開始時間だけのバリデーション実行する方法は不明だった。
      this.$refs.scheduleForm.validate();
    },
    inputToEndTime(component) {
      this.scheduleForm.scheduleList[component.$attrs.idxNumber].endTime =
        (component._data.userInput) ? component._data.userInput : component._data.valueOnOpen;
      component._data.valueOnOpen =
        (component._data.userInput) ? component._data.userInput : component._data.valueOnOpen;
      this.$refs.scheduleForm.validate();
    },
    inputToStart(component) {
      this.scheduleForm.start =
        (component._data.userInput) ? component._data.userInput : component._data.valueOnOpen;
      component._data.valueOnOpen =
        (component._data.userInput) ? component._data.userInput : component._data.valueOnOpen;
      // ここでValidatorを呼ぶ。そうでないと、先にValidatorが動作し、後に本メソッドが実行されるため、Validatorが動作しない。
      // 次にblurイベントが発生したときに古い値を元にValidatorが動作してしまう。
      this.$refs.scheduleForm.validateField('start');
    }
  }
}
</script>

正しく動作するのは、画像中でいうと左から2番目の列、startTimeの部分です。必須チェックと、正規表現による時刻形式(HH:mmであることと、時は0~23、分は0~59であること)をチェックしています。endTimeの方法は動作しません。
picker3.png