Help us understand the problem. What is going on with this article?

MDWikiを導入してみてわかったこと

More than 5 years have passed since last update.

MDWikiを導入してみてわかったこと

前回、MarkDownで書いたファイルを置くだけでWiki化できるMDWikiを導入してみた。
という記事を書きましたが、今回は実際に運用してみて気付いたところなどを書きます。
MDWiki : http://dynalon.github.io/mdwiki/

良かったところ

導入するまでのハードルが低いので時間がかからなかった。
技術情報をみんなで共有して蓄積できる場所ができた。
MarkDown形式のテキストを書くだけなので、記事を書かなそうな人が書いてくれた。

悪かったところ

検索機能がないので記事検索ができない。
ユーザー管理機能がないので書いた人が誰だかわからない。
投稿記事をメンバーへ通知できない。

今後について

現在では特定のグループだけで投稿する仕組みにしましたが、
そのグループに負荷がかかるのでイマイチな感じでした。

個人でWikiを作って蓄積したいという用途ならば最高のWikiですが、
社内情報Wikiとしてやるのはあまりお勧めできません。

今のところ候補にあがっているのは、
ConfluenceQiitaTeamGhostですが、
ConfluenceとQiitaTeamは値段が高いので提案資料を作らなくてはならず、
Ghostは無料ですがただのブログにという悩ましい状況です。

2015.10.21追記

結局、Googleサイトになりました。あー、使いづらい。

astronela
現職:プロダクトオーナー 経歴:WEBアプリ開発(JAVA/PHP) バッチ開発(Linux/DOS) スマホアプリ開発(Android/iOS) AWSインフラ構築 プロジェクトマネージャー
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away