Edited at

PowerShell で Windows Server backup するときの備忘録

More than 1 year has passed since last update.

備忘録です。

スクリプトにすると、GUI でカチカチやるより随分簡単に終わるなぁ。

# バックアップデータの保存先(ターゲット)を指定する

$Target = "\\hostname\D$\wb"

# 空のバックアップポリシーを作成する
$policy = New-WBPolicy

# ベアメタル回復を使用する指定をポリシーに追加する
Add-WBBareMetalRecovery -Policy $policy

# システム状態をバックアップする指定をポリシーに追加する
Add-WBSystemState -Policy $policy

# バックアップターゲットの指定をポリシーに追加する
New-WBBackupTarget -NetworkPath $Target | % { Add-WBBackupTarget -Target $_ -Policy $policy -Force }

# バックアップ対象とするファイルパス・ドライブの指定をポリシーに追加する
New-WBFileSpec -FileSpec "C:" | Add-WBFileSpec -Policy $policy

# 参考にしたサイトには記載されていたが、New の時点で VssCopyBackup なので指定は不要
# Set-WBVssBackupOptions -Policy $policy -VssCopyBackup

# ポリシーの内容を確認する
$policy

# バックアップを開始する
Start-WBBackup -Policy $policy -Force


参考

PowershellスクリプトにてWindowsServerバックアップを行う - とあるエンジニアの技術メモ