Edited at

MacでVirtualBoxを使ったIEの表示確認環境を構築する

MacでIEの表示を確認をすることになったのでメモ

※2018/04/20時点では問題なし


 前提

Homebrewとhomebrew-cask、それとVirtualBoxを使うので入れておくこと。

簡単なインストール手順は以下の通り。


Homebrewのインストール

 /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

でインストールできます。Homebrew公式サイトより


homebrew-caskのインストール

brew install caskroom/cask/brew-cask

でインストール。みんなhomebrew-caskって知ってるか?


Virtual Boxのインストールとセットアップ

Homebrewを使って

brew cask install virtualbox

実行するとインストール完了。


VB用のイメージをダウンロード

modern.IE  からイメージをダウンロードしておく。

Virtual machineから好きなイメージを選び、Select Platform はもちろんVirtualBox を選択

image

ダウンロードが完了したらterminalで

$ tar zxf <さっき落としたファイル名>

で展開する。普通にFinderからアーカイブユーティリティを使うと展開されすぎるみたい。


イメージをVBにインポート

先ほどダウンロードして展開した .ova ファイルをVBで開く

image

初期設定だとRAMが512MBになっている。

image

公式のModern.IE VM Notes(PDF)を確認すると



  • Windows XP images: 256 – 512MB

  • Windows Vista images: 512 – 1024MB

  • Windows 7 images: 1024 – 2048MB

  • Windows 8 images: 1024 – 2048MB

  • Windows 10 images: 1024 – 2048MB


が推奨メモリとのこと。

なので、7以降のOSを選択している場合には1024MB以上に設定しておく。

他は初期値でおk

image

インポートが終わったら仮想マシンが登録されているはずだ。

image

起動できた。

image


その他

ユーザ名 : IEUser

パスワード : Passw0rd!