Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
4
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

@asondemita

ISTE2018版Scratch3.0+micro:bit の接続手順

【2018/08/31追記】このドキュメントは2018年6月に行われたISTE2018向けに用意された環境についての解説です。2018/08/01に公開されたScratch3.0 beta https://beta.scratch.mit.edu/ については東京都公立小学校Yasuharu Suzuki先生が作成された「スクラッチ micro:bit連携」を参照願います。

はじめに

 ISTE2018で発表された、Scratch3.0+micor:bitの接続方法は、Macの場合、拍子抜けするほど簡単で、Scratcherたちの標準デバイスになるのは間違いないと感じました。

【2018/07/04追記】CloudReady(ChromeOS)のUSB起動+安価なBluetooth USBドングルで問題なく動きました。検証済みのドングルは ELECOM LBT-UAN05C2と Newiy Start BL-V40 です。2011年製のemachines E729Zで検証。Windows7や8の人でも楽しめそうです。

接続手順

 2018年6月23日に行われたワークショップ用のURLを含むため、将来は動かなくなる可能性があります。また、Macでしか検証が出来ていません。(2018年6月26日追記:Windowsは8月1日のBetaでサポートされるそうです。ただしWindows10のみ。)

以上です。
まだ、プロトタイプなのでブロックが少ないですが、これは素晴らしいの一言です。

s4.jpg

大勢で行う際に自分のIDを調べる方法(2018-07-09追記)

近くにmicro:bitがいっぱいあると、自分のmicro:bitがどれだか判らなくなります。
自分のmicro:bitのIDを確認する簡単な方法は以下の通りです。
checkid.jpg

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
4
Help us understand the problem. What are the problem?