Edited at

ゴミの分別問題「スチール缶とアルミ缶」をmicro:bitで識別


きっかけ

ある小学校の授業でmicro:bitでごみ問題を解決する授業がありました。その中で「スチール缶とアルミ缶を判別するロボットを作りたい」という子供たちの声があり、試しに雛形を作ってみました。


実現手段

磁石の上にスチール缶を置くと磁界が変化する現象を離れたmicro:bitで検知

※無理にmicro:bitを使わなくてもという意見もあります(^^;


用意する物


  • micro:bit

  • ボール箱

  • 100均のネオジウム磁石


工作

箱の内側にネオジウム磁石を貼り付け、10cm程度離れるようmicro:bitを固定します


プログラム

スチール缶をネオジウム磁石の上に置いた時に「TESU」と表示するプログラム


動作結果