Edited at

micro:bit+アルミホイルスイッチの反応が鈍い

【2018-09-21追記】2018年9月現在、リリース予定のmakecodeのv1-betaでは「端子Pxがタッチされた時」ブロックのレスポンスがよくなっています。今後は下記の手法は使わなくても良くなりそうです。


問題点

micro:bitで子供達が電子工作をするのに便利なのがワニ口クリップ+ダンボール+アルミホイルです。

ところが、いざ作ってみると「反応がにぶい」「検出されない事がある」といったトラブルに出会うと思います。

例えば、アルミホイルとダンボールでフットスイッチを作って

こんなプログラム

を書いたとします。

これだと、しっかり踏まないと検出されません。


対策

ちょっと面倒ですが、こんな風に書くとちゃんと検出してくれるようです。

もし、もっと良い方法があれば教えて下さい。


おまけ

アルミホイルでスイッチをつくるとみすぼらしかったり、ワニ口クリップで挟むところがすぐに破けてしまいます。

そんな場合にお勧めなのが、セリアのキッチンコーナーで売っているアルミテープ。


  • アルミホイルより厚くて破れにくい

  • 通電もバッチリ

  • 裏面が粘着面になっているので綺麗に貼れる(アルミホイル+両面テープだとシワシワに)

  • 50mm幅で7mもあって100円

子供たちと遊ぶ時には最高です!(ダイソーでも売っているそうなのですが近所では見つけられませんでした)