Help us understand the problem. What is going on with this article?

micro:bitとMLX90614で非接触体温計

IMG_1942.jpg

はじめに

 先日のMaker Faire Kyoto 2020 onlineのパネルディスカッション「COVID-19以降の世界にメイカーが貢献できること」の中で紹介されていたMLX90614による非接触体温計がどの程度使えるのか、試しに作ってみました。

用意する物

  • micro:bit 本体 1つ
  • MLX90614 1つ (aitendoで1,950円)
  • micro:bit ブレイクアウトボード 1つ
  • ジャンパーピン(メス・メス) 4本

配線

Untitled_New_Diagram_Cacoo.png

これだけで済むとは素敵過ぎです。

ボディ

持ちやすいようLEGOで適当にボディを作りました。
IMG_1948.jpg

プログラムの前準備

MakeCodeでMLX90614を使うためには、事前に機能拡張を読み込む必要があります。

  • MakeCodeで新しいプロジェクトを開きます。
  • MLX90614用機能拡張読み込みます。
    • 右上の歯車をクリックし機能拡張を選択します。
    • 検索窓にMLX90614用拡張ブロックのURL https://github.com/DoraLC/pxt-MLX90614 を入力し検索します。
    • 現れる MLX90614の機能拡張をクリックします。
    • MakeCodeのツールボックスに「MLX90614」というツールボックスが追加されればOKです。 Microsoft_MakeCode_for_micro_bit (1).png

センサーの値の確認

まずは、どんな反応をするセンサーなのか見てみます。(以下Chromeブラウザ前提)

  • MakeCodeのWebUSB接続を行います。
    • 右上の歯車をクリックし「デバイスに接続する」を選択します。
    • ダイアログの説明に従い接続を行います。(詳しくはこちら )
  • 以下のプログラムを作成し、micro:bitにダウンロードしますmicrobit-画面コピー (64).png

  • しばらくすると「コンソール表示 デバイス」というボタンが表示されるので、クリックするとリアルタイムにグラフが描画されます。
    Microsoft_MakeCode_for_micro_bit (2).png

  • 体の様々な部位に触らないようにあてて、センサーのレスポンスをみてみます

個人的な感想としては、仮に通常の体温計と正確にオフセットをとったとしても、あて方一つで大きく温度が変わってしまうため、測定者の熟練(?)が必要な感じがしました。

そこで、ちゃんとした体温計を作るというより、熱がありそうかチェックする道具を作ってみる事にしました。

熱がありそうかチェッカー

仕様

  • 平熱の人を基準として、+1度未満か以上かを簡易チェックするための道具です
  • Aボタン:基準体温セット
    • 平熱の人のおでこにあててボタンを押します
    • 基準体温がセットされると◇が表示されます。
  • Bボタン:熱がありそうかチェック
    • 測定したい人のおでこにあてて、ボタンを押します
    • 基準体温+1より低い場合:□が表示
    • 基準対応+1より高い場合:×が表示

プログラム

microbit-画面コピー (65).png
https://makecode.microbit.org/_4baCXrExRDc3

結果

発熱中の人がいなかったので、たまたま居合わせた低体温の人を基準にしたら、見事、他の人はみんな×になりました(それじゃダメか:sweat_smile:

asondemita
CoderDojo守谷、CoderDojoつくばで子供達にプログラミングの楽しさに気づいてもらう活動をしています
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした