Scala
PlayFramework

はじめての Play Framework でAPIもどき

More than 1 year has passed since last update.


( ^ω^ )

Scalaに少しずつ馴染んできたので、Play Frameworkを使ってみました。

まずはGETメソッドのリクエストにJson形式のレスポンスを返すAPIもどきを作ってみます。

ちなみに、環境は Windows 7 & JDK 8 & Play 2.5 です。

※追記: 次のステップの記事を書きました → はじめて(一週間ぶり2回目)の Play Framework でデータベース接続してみる


ここにPlayがあるじゃろ?


  1. activatorのダウンロード

    ここからactivatorというもののZipをダウンロードし、好きなところに展開します。


  2. パス通す

    展開した activator-1.3.10-minimal\bin\activator.bat をコマンドプロンプトで呼び出すのでパスを通しておきましょう。



  3. Playアプリケーションの作成

    > activator new TestApp play-scala
    

    TestAppがアプリケーション名です。




  4. Playアプリケーションの実行

    > activator run
    



これをこうして

ソース構造(主要なもののみ)は下のようになっています。

app以下に各種クラス、confに設定ファイル、publicは公開ディレクトリですね。

 |- app/

|- controllers/
|- filters/
|- models/
|- services/
|- views/
|- conf/
|- application.conf
|- routes
|- public/
|- images/
|- javascripts/
|- stylesheets/
|- test/

まずはroutesファイルに行を追加。/api/simple へリクエストが来たら controlles.ApiController の simple アクションを呼び出すということですね。

Userコンパニオンオブジェクトに暗黙的json変換を定義しておけば、Json.toJsonにUserインスタンスを投げた時うまいことJsonに変換してくれます。


こうじゃ

Playアプリケーションはデフォルトでは http://localhost:9000 でアクセスできます。

http://localhost:9000/api/simple を見てみると

vivaldi.png

やったね!

ちなみにFiddlerで見るとこんなふうに。特にコード内で指定していないのですが、Content-Typeはapplication/jsonになってますね。

Fiddler.png