Edited at

Linuxコマンド:Windowsコマンド対応表

More than 5 years have passed since last update.

LinuxコマンドとWindowsコマンドとの対応表を作りました。

使い方は載せると長くなるので省略します。


ファイル操作

操作
Linuxコマンド
Windowsコマンド

現在のディレクトリの場所を確認する
pwd
dir

ファイルやディレクトリの情報を表示する
ls -al
dir

ディレクトリ間の移動
cd
cd (or) chdir

ディレクトリを作成
mkdir
md (or) mkdir

ディレクトリを移動
mv -r
move

ディレクトリをコピー
cp -r
xcopy /e /c /h

ディレクトリを削除
rm -r
del (or) erase
(or) rd /s (or) rmdir /s

ファイルを移動
mv
move

ファイルをコピー
cp
copy

ファイルを削除
rm
del (or) erase

テキストファイルの内容を表示
cat (or) less
type


ユーティリティ

操作
Linuxコマンド
Windowsコマンド

ヘルプを表示
help
help

コマンドのヘルプ
[コマンド] --help
help [コマンド]

OSのバージョンを表示
[RHEL系]
cat /etc/redhat-release
[debian系]
cat /etc/lsb-release
ver

カーネルのバージョンを表示
uname -a
ver

システムの日付を表示
date
date

システムの時刻を表示
date
time

システムの日付を変更
date -s
date

システムの時刻を変更
date -s
time

ディスクの空き容量を調べる
df -h
fsutil volume diskfree [ドライブ名]


その他

操作
Linuxコマンド
Windowsコマンド

任意の文字列を表示
echo
echo

Pingを打つ
ping
ping

telnetクライアント
telnet
telnet

IPアドレスを表示
ifconfig
ipconfig

表示をクリアする
clear
cls