Help us understand the problem. What is going on with this article?

Node.jsのHello WorldプログラムをIBM Bluemixで動かしてみる

More than 5 years have passed since last update.

Github上のNode.jsのサンプルプログラム(Hello World)をIBM Bluemix上で動かしてみる。

前提

  1. Git クライアントが導入されていること
  2. cfツールが導入されていること

作業の流れ

  1. Githubからサンプルプログラムを取得
  2. manifest.yml を編集
  3. IBM Bluemixにサンプルプログラムをpush

1. Githubからサンプルプログラムを取得

Githubからサンプルプログラムを取得してください。

git clone https://github.com/asmanabu/HelloWorldNode

ここでは、C:\work\HelloWorldNode にcloneしたこととします。

2. manifest.yml を編集

manifest.yml は、Bluemixにアプリケーションをデプロイするときに参照されるファイルです。
アプリケーションが使用するホスト名は、Bluemixを利用する全ユーザーで重複が許されないため、ここで編集します。

エディターで C:\work\HelloWorldNode\manifest.yml を開きます。
<change to your hostname> の部分を修正してください。

修正前のmanifest.yml
applications:
- disk_quota: 1024M
  host: <change to your hostname>
  name: HelloWorld
  command: node app.js
  path: .
  domain: mybluemix.net
  instances: 1
  memory: 256M

manifest.ymlの修正例です。helloworldの後ろに日付と適当な文字列を追加しています(helloworld20150421abc)。

manifest.ymlの修正例
applications:
- disk_quota: 1024M
  host: helloworld20150421abc
  name: HelloWorld
  command: node app.js
  path: .
  domain: mybluemix.net
  instances: 1
  memory: 256M

3. IBM Bluemixにサンプルプログラムをpush

サンプルプログラムをBluemixにデプロイします。

C:\work\HelloWorldNode\ に移動し、以下のコマンドを実行します。
現在のディレクトリ以下にあるすべてのファイルをBluemixに転送します。不要なファイルを転送しないように、必ずディレクトリを移動してください。

cf push

以下の出力のように、runningと表示されれば、Bluemixへのデプロイは完了です。時刻やURLは、各環境に依存します。

requested state: started
instances: 1/1
usage: 256M x 1 instances
urls: helloworld20150421abc.mybluemix.net
package uploaded: Tue Apr 21 12:15:47 +0000 2015

     state     since                    cpu    memory          disk          details
#0   running   2015-04-21 09:17:44 PM   0.3%   29.4M of 256M   33.7M of 1G

ブラウザを開いて、デプロイされたアプリケーションを確認しましょう。先ほどの出力のなかで、urlsに表示されているURL(この例では、helloworld20150421abc.mybluemix.net)にアクセスしてください。

Hello Wolrdと表示されていますでしょうか?

asmanabu
このサイトにおける掲載内容はあくまで私自身の見解であり、私の所属団体・企業における立場、戦略、意見を代表するものではありません。掲載内容は執筆時点の情報をもとにしており、必ずしも最新情報であるとは限りません。 できる限り正確を期すように心がけていますが、間違いがある可能性もあります。その際はご指摘いただけると幸いです。よって、記載内容は自己責任のもとで実施ください。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした