AWS Direct Connect GW 設定してみたよ

More than 1 year has passed since last update.

DirectConnect の記事は結構あるんですがGWまで含めた記事ってのが少ないようなので

設定した手順を共有します。DCGWとっても便利ですので是非!


Gatewayの作成

なにはともあれまずはDCGW作成します。ASNを間違えないように。

image.png

available になった事を確認

image.png

自動的に他のリージョンにもDCGWのコピーが作成されます(以下はバージニアの例)ので各リージョンのVPCはこっちに繋ぎましょう。自分はFrankfurtのリージョンを使うのでそっちを利用

image.png


VIF(仮想インターフェース) の接続

ベンダが事前に用意してくれているVIF の存在を確認し、Standby側を承認します

image.png

image.png

DCGWを接続先として指定(ここをミスると結構面倒らしいので慎重に..)

image.png

Pending->down state になるので 10分程待ちます

image.png

Available になりました

image.png


各リージョンのVPCをDCGWに接続

DCGWに繋ぐ各リージョンに仮想プライベートGWを作って

image.png

VPCのルートテーブルを上で作ったVPGW に0.0.0.0/0のルーティング先として追加

image.png

できあがった仮想プライベートGW をDCGWに

image.png

関連付けます

image.png

ちょっと待ち時間ができるので...

image.png

同じ要領でFrankfurt の PrivateGWを関連づけておきます

image.png


Active 側 VIF の接続

ひととおり設定終わったので、Active 側の VIFをアタッチ

image.png

設定としてはここまでで終了です。


動作確認

各リージョンでテスト用のEC2を立てて社内からpingで疎通確認。

ssh接続できてよしよしと思ったころには

image.png

VIFアクティブ側もavailable になってました。めでたしめでたし。


追記:転送速度について

FrankfurtにEC2立てて社内LAN(物理的には南東北の某市内)から圧縮データを数回SFTPしてみました。結果は以下の通り

image.png

DirectConnectは100Mbpsベストエフォート契約にしていますが

上り下り共に40Mbps前後ってのはかなりいい感じじゃないでしょうかね!