Help us understand the problem. What is going on with this article?

WordpressにIBM Watsonのチャットボット機能を実装してみた

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

Cognitive Classがα版として提供しているWatson Conversation WordPressプラグインを試してみました。

このプラグインを追加すればWordpressで作成したWebサイトに簡単にチャットボット機能を実装できます。

スクリーンショット 2017-08-22 20.19.44.png

現時点でサポートされている機能は以下のとおり:

  • プラグイン設定ページから直接Watson Conversationサービスを制御
  • サイトの訪問者にチャットボットを表示させたいページと投稿を選択
  • チャット・ボックスの外観を好みに合わせてカスタマイズ

必要なもの

  • Wordpressサイト
  • Bluemixのアカウント
  • デプロイ済みのWatson Conversationサービス

※Watson Conversation自体の利用方法は以下の記事などを参考にしてください。
チャットボットを簡単に作れる!Watson Conversationの色々なTips
Watsonに博多弁をしゃべらせてみた

設定手順

1. WordpressのDashboardからプラグインの新規追加を選択する。

スクリーンショット 2017-08-22 19.52.53.png

2. プラグインの検索フィルタで"Watson Conversation"を検索する。

スクリーンショット 2017-08-22 19.54.06.png

3. 今すぐインストールして有効化する。

スクリーンショット 2017-08-22 19.55.32.png

4. 有効化された後、プラグインのSettingをクリックする。

スクリーンショット 2017-08-22 19.56.19.png

5. Workspace ID、Username、Passwordをセットする。

スクリーンショット 2017-08-22 19.58.09.png

※ここで必要となるUsername、PasswordはBluemixにデプロイされたConversationのサービス資格情報から取得できます。

スクリーンショット 2017-08-22 20.02.18.png

6. APIリクエストの呼び出し回数の制限を設定します。

スクリーンショット 2017-08-22 20.12.51.png

7. 表示方法や表示ページを設定します。

スクリーンショット 2017-08-22 20.13.32.png

8. チャットボックスの表示位置を設定します。

スクリーンショット 2017-08-22 20.14.09.png

9. 表示タイトルや色を設定します。

スクリーンショット 2017-08-22 20.15.44.png

10. 変更を保存すれば完了!

スクリーンショット 2017-08-22 20.16.15.png

チャットボット機能の確認

Wordpressのサイトにチャットボット機能が追加されました。

スクリーンショット 2017-08-22 20.17.55.png

おわりに

Watson Conversationを詳しく勉強したい方は、Cognitive ClassBuild Your Own Chatbot (Beta)にてFree Courseが用意されていますのでぜひお試しください!

asasaki
このサイトにおける掲載内容はあくまで私自身の見解であり、必ずしも私の所属団体・企業における立場、戦略、意見を代表するものではありません。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした