Vue.jsで動的にモーダルウィンドウを表示する

  • 10
    Like
  • 0
    Comment

モーダルウィンドウを動的に表示するVue.jsコンポーネントのサンプルです。

ソース:https://github.com/asaokamei/vue2-dynamic-modal

  • モーダルウィンドウのサンプルコードは、例えばVue.jsのオフィシャルサイトにもたくさんあります。ただモーダルの中身が固定されているものが多いです。(例:index.html
  • 一方、クリックするボタンによりモーダルの中身が変えようとすると面倒になります。(例:tasks.html

動的なモーダルウィンドウの例

動的なモーダルウィンドウの例です。

dynamic-modal.gif

クリックするタスクによって、モーダルの中身が違うのがわかると思います。

コードの説明

tasks.jsの中を簡単に説明してみます。このJSでは、メインの$appmodalコンポーネントがあります。そして、もうひとつ、Hubというイベントハブ用のVueオブジェクトを導入しています。

var Hub = new Vue();

Vue.component(
    'modal', {
        template: '#modal-template',
        data: function() {
            /* いろいろ設定 */
        },
        methods: {
            open: function (task) {/* コード省略 */},
            close: function () {/* コード省略 */}
        },        
        mounted: function() {
            this.$nextTick(function () {
                Hub.$on('open-modal', this.open);
                Hub.$on('close-modal', this.close);
            }.bind(this));
        }
    });

new Vue({
    el: '#app',
    methods: {
        openModal: function (task) {
            Hub.$emit('open-modal', task);
        },
        closeModal: function () {
            Hub.$emit('close-modal');
        }
    }
});

modalコンポーネントを初期化するときに、open-modalclose-modalというイベントをHubに登録しています。

メインのappコンポーネントでは、例えばopenModalから、先のopen-modalイベントを呼び出せば、後はmodalがよしなに処理してくれます。

HTMLファイル側

モーダルを呼び出すHTML側のJavaScriptも簡単に見てみます。

<ul>
    <li v-for="task in tasks">
        {{ task.id }}: {{ task.name }}
        <button @click="openModal(task)" @keyup.esc="closeModal()">more</button>
    </li>
</ul>

ボタンをクリックするとopenModal(task)が呼び出され、一緒にモーダルに表示するtaskも一緒に渡してます。

参考