Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry Piのセットアップ(ssh接続まで)

More than 3 years have passed since last update.

Raspberry Pi 2 Model Bのセットアップの備忘録
ここでは、無線でssh接続するまでを記載しておく。

用意したもの

Raspberry Piは、ssh接続し使用する前提

常時使用するもの

  • Raspberry Pi 2 Model B
  • microSDカード(16G, Class10)
  • 無線LAN親機(BUFFALO WZR-AGL300NH)
  • 無線LAN子機(BUFFALO WLI-UC-G301N)
  • マイクロタイプのUSBケーブル + 電源アダプタ

初期設定時に使用したもの

  • ディスプレイ(DELL 24インチワイドモニタ U2410)
  • HDMIケーブル
  • USB接続のキーボード
  • USB接続のマウス
  • Windows PC(microSDカードにインストーラをコピーする)

1. OS の起動ディスクの作成

OSはDebianをベースにした「Raspbian」をインストールすることにする。
インストーラのダウンロードは、こちら から行う。
Download.png

ダウンロードしたzipファイルを展開し、
NOOBS_v1_4_2ディレクトリ下のファイルをすべてSDカードにコピーする。

NOOBS_v1_4_2
├── BUILD-DATA
├── INSTRUCTIONS-README.txt
├── RECOVERY_FILES_DO_NOT_EDIT
├── bootcode.bin
├── defaults
│   └── slides
│       └── A.png
├── os
│   ├── Data_Partition
│   │   ├── Data_Partition.png
│   │   ├── data.tar.xz
│   │   ├── os.json
│   │   └── partitions.json
│   └── Raspbian
│       ├── Raspbian.png
│       ├── boot.tar.xz
│       ├── os.json
│       ├── partition_setup.sh
│       ├── partitions.json
│       ├── release_notes.txt
│       ├── root.tar.xz
│       └── slides_vga
│           ├── A.png
│           ├── B.png
│           ├── C.png
│           ├── D.png
│           ├── E.png
│           ├── F.png
│           └── G.png
├── recovery.cmdline
├── recovery.elf
├── recovery.img
├── recovery.rfs
├── recovery7.img
└── riscos-boot.bin

6 directories, 29 files

2. 機器の接続

Raspberry Piにディスプレイなどを接続する。
接続するものは以下の通り
1. USBキーボード
2. USBマウス
3. HDMIケーブル(ディスプレイに接続)
4. microSDカード
5. LANケーブル(なくても良い)
6. マイクロタイプのUSBケーブル+電源アダプタ
(マイクロタイプのUSBケーブル+電源アダプタは最後につける)

IMG_1053.JPG

3. Raspberry Pi起動 〜 OSインストール

  1. 電源ケーブルを接続すると、Raspberry Piが起動する。 IMG_1054.JPG
  2. Raspbianにチェックを入れる。
  3. 下の方に言語と、キーボードを設定する箇所があるので日本語にしておく。
  4. Installをクリックする。 IMG_1054.JPG
  5. 「本当にイメージを書き込んでもよいですか?この操作で既存の全てのデータは削除されます!」と確認がでるので「はい」をクリックする
  6. IMG_1056.JPG
  7. Installが始まる IMG_1057.JPG
  8. Installが完了するまで少し待つ

Installが完了するとOSが起動する
IMG_1060.JPG

4. SSHでの接続

デフォルトのユーザー名: pi
デフォルトのパスワード: raspberry
※パスワードは、設定ツール$sudo raspi-configで変更できる。

4.1. 無線LAN子機をRaspberry Piに接続

接続の確認

ターミナル
$ lsusb
Bus 001 Device 004: ID 0411:016f BUFFALO INC. (formerly MelCo., Inc.) WLI-UC-G301N Wireless LAN Adapter [Ralink RT3072]

4.2. SSHサーバーの有効化

  1. ターミナルで、設定ツールを起動
    $sudo raspi-config

  2. 8 Advanced Optionsを選択
    スクリーンショット 2015-10-20 21.09.24.png

  3. A4 SSHを選択

  4. [Enable]を選択

  5. 再起動を促されるので、再起動する

4.3. wifiの設定

wifiの設定を書き込む

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1


network={
        ssid="SSID"
        psk="暗号化キー"
        key_mgmt=WPA-PSK
}

ネットワークを固定化

/etc/network/interfaces
auto wlan0
allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet static
address 192.168.11.75 # 割り当てたいIPアドレス
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.11.1
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

再起動すれば、SSHで接続できる。

ターミナル
$ ssh pi@192.168.11.75
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした