LoginSignup
52

More than 5 years have passed since last update.

2つの座標から角度や距離を求める

Posted at

はじめに

この記事は、岩手県立大学アドベントカレンダー2015 19日目の記事です。

今回は、平面上に2つの座標を与えられたときの2つの座標からなる角度や距離を求めます。
Swiftでの記述例を示しますが、他のプログラミング言語でも同様の方法で求めることができます。
以下の画像を参考にします。

平面座標

角度を求める

原点O(0, 0)と点(5, 5)からなる角度は45度です。
逆正弦atan2(アークタンジェント2)を使います。
atan2は点(x, y)とx軸によって表されるベクトルの角度(θ)を返します。
よって位置から角度を求めることができます。

sample1.swift
struct Point {
    var x:Double = 0
    var y:Double = 0
}

func angle(a:Point, b:Point) -> Double {
    var r = atan2(b.y - a.y, b.x - a.x)
    if r < 0 {
        r = r + 2 * M_PI
    }
    return floor(r * 360 / (2 * M_PI))
}

print(angle(Point(x: 0, y: 0), b: Point(x: 5, y: 5))) // 45.0
print(angle(Point(x: 0, y: 0), b: Point(x: 0, y: 10))) // 90.0
print(angle(Point(x: 0, y: 0), b: Point(x: -10, y: -10))) // 225.0

距離を求める

距離は三平方の定理で求めることができます。
原点O(0, 0)と点(0, 10)の距離は10です。
原点O(0, 0)と点(5, 5)の距離は

1:1:\sqrt{2}

の三角形より5*1.4142=7.07106781187となります。

sample2.swift
struct Point {
    var x:Double = 0
    var y:Double = 0
}

func distance(a:Point, b:Point) -> Double {
    return sqrt(pow(b.x - a.x, 2) + pow(b.y - a.y, 2))
}

print(distance(Point(x: 0, y: 0), b: Point(x: 5, y: 5))) // 7.071
print(distance(Point(x: 0, y: 0), b: Point(x: 0, y: 10))) // 10.0
print(distance(Point(x: 0, y: 0), b: Point(x: -10, y: -10))) // 14.142

方向を求める

始点と終点の座標から方向を求めます。
方向は下記の図のように8種類あるものとして、その番号を返します。
スワイプの方向を求めることができます。

方向

sample3.swift
struct Point {
    var x:Double = 0
    var y:Double = 0
}

func direction(angle: Double) -> Int {
    if(23 <= angle && angle <= 67) {
        return 7;
    }else if(68 <= angle && angle <= 112) {
        return 6;
    }else if(113 <= angle && angle <= 157) {
        return 5;
    }else if(158 <= angle && angle <= 202) {
        return 4;
    }else if(203 <= angle && angle <= 247) {
        return 3;
    }else if(248 <= angle && angle <= 292) {
        return 2;
    }else if(293 <= angle && angle <= 337) {
        return 1;
    }else {
        return 0;
    }
}

print(direction(angle(Point(x: 0, y: 0), b: Point(x: 5, y: 5)))) // 7
print(direction(angle(Point(x: 0, y: 0), b: Point(x: 0, y: 10)))) // 6
print(direction(angle(Point(x: 0, y: 0), b: Point(x: -10, y: -10)))) // 3

おわりに

明日は20日目 @yuzumone さんです。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
52