はじめに

1024px x 1024pxの画像からmacOSアプリやiOSアプリで必要になるアプリアイコンを書き出すRubyスクリプトです。

以下の環境で動作確認をしています。
macOS High Sierra(10.13.1)

appiconset

appiconsetは以下の方法でインストールできます。

1
$ gem install specific_install
$ gem specific_install -l 'git://github.com/arthur87/appiconset.git'

appiconsetの使い方

2
$ appiconset -h
Usage: appiconset [options] <input>
    -o, --output <output>
    -x, --xcode <version>            set xcode version; 8.3.3, 9.1
    -p, --platform <platform>        set platform; ios, mac, univarsal
    -h, --help                       Show this message

1024px x 1024px の画像からアプリアイコンを作成します。

3
$ appiconset icon.jpg
$ cd ./AppIcon.appiconset
$ ls
Contents.json    Icon-20@3x.png   Icon-40@1x.png   Icon-60@3x.png
Icon-1024@1x.png Icon-29@1x.png   Icon-40@2x.png   Icon-76@1x.png
Icon-20@1x.png   Icon-29@2x.png   Icon-40@3x.png   Icon-76@2x.png
Icon-20@2x.png   Icon-29@3x.png   Icon-60@2x.png   Icon-83.5@2x.png

Contents.jsonと複数のpngファイルが作成されます。
これらのファイルをXcodeプロジェクトのAppIcon.appiconsetにコピーします。

スライド02.jpeg

このスクリプトでは、iOS、macOS、univarsalのアイコン作成をサポートしています。
例えば、platformにmacを指定するとmacOS向け、universalを指定するとimageset向けの3種類のアイコンを作成します。
省略した場合はiOS向けのアイコンを作成します。

4
$ appiconset icon.jpg -p mac

sips

このスクリプトでは、macOSの標準コメンド「sips」を利用しています。
sipsは画像に関する情報取得や画像の変換処理ができます。
このコマンドには、縦横比を維持した変形、回転、水平反転、切り抜きなど多数のオプションがあります。

最後に

このスクリプトはGitHubで公開しています。