PHP
laravel

Laravel5.5から5.6へのアップデートでやったこと

主にバッチ処理のartisanコマンドとLaravelDuskを使うプロジェクトを試しに5.5から5.6へのアップデートしたのでその作業メモ。
今回のアップグレードは基本部分は数十分程度で可能な模様
Upgrading To 5.6.0 From 5.5

ライブラリのアップデート

プロジェクトのcomposer.jsonの更新

"require": {
    "php": ">=7.1.3",
    "fideloper/proxy": "~4.0",
    "laravel/framework": "5.6.*",       
},
"require-dev": {
    "laravel/dusk": "~3.0",
    "nunomaduro/collision": "~1.1",
    "phpunit/phpunit": "~7.0",
},  

ついでにcomposer global用のcomposer.jsonで、Laraveのインストーラも更新

"require": {
    "laravel/installer": "~2.0",
}

以下configファイルの差分

新規追加のconfigファイルをコピー

config/hashing.php
config/logging.php
ログ設定が別ファイルに別れたので、config/app.phpの ログ設定部分を削除
    |--------------------------------------------------------------------------
    | Logging Configuration
    |--------------------------------------------------------------------------

config/filesystems.phpに設定項目が追加

'disks' => [
    's3' => [
        'url' => env('AWS_URL'),
    ]        
]   

config/queue.phpに設定項目が追加

'connections' => [
    'redis' => [
        'block_for' => null,
    ],    
]          

プログラム的な修正

  • Upgrade Guideを元に、Illuminate\Log\Writerクラスが、Illuminate\Log\Loggerに変更となっていたので修正。

これでひとまずartisanコマンドとLaravelDusk動作まで確認した。

2/14日現在だと、PHPUnitでcollisionライブラリを使うのはしばらく待つ必要がありそう。
nunomaduro/collision Support PHPUnit 7