Edited at

Raspi2にAlexa Voice Service(AVS)を 〜AWS IoT設定編〜


はじめに

2019年年始の(勝手にやってる)宿題の一貫でRaspiにAVSを入れるってのをやってみることにしました。

今回はシリーズもので書いてる中で、前準備でAWS IoTの設定だけを書き出します。


設定手順

これからAWS IoTの設定手順を記載します。


1. AWS IoT Coreの選択

AWS マネジメントコンソールのサービスの検索から「IoT」と入力し、「IoT Core」をクリックしてください。

iot001.jpg


2. ポリシーの作成

AWS IoT Coreの画面の左側のメニューから、「安全性」→「ポリシー」をクリックし、「ポリシーの作成」ボタンをクリックします。

iot002.jpg


3. ポリシーの入力

ポリシーの作成画面で、「名前」を入力し、「ステートメントを追加」枠で「アクション」に「iot:」を入力し、「リソースARN」に「}を入力し、「許可」にチェックを入れてください。終わったら、「作成」ボタンをクリックしてください。ポリシーを「iot:*」としてますが、時間を見つけて絞っていこうと思います。

これで、ポリシーの作成が完了となります。

iot003.jpg


4. モノの登録

AWS IoT Coreの画面の左側のメニューから、「管理」→「モノ」をクリックし、「モノの登録」ボタンをクリックします。

iot004.jpg


5. 単一のAWS IoTモノの登録

「単一のモノを作成する」ボタンをクリックします。

iot005.jpg


6. Thing Registryにデバイスを追加

「名前」を入力して、「次へ」ボタンをクリックしてください。

iot006.jpg


7. モノに証明書を追加

「証明書の作成」ボタンをクリックしてください。

iot007.jpg


8. 証明書のダウンロードと有効化

このモノの証明書、パブリックキー、プライベートキーをクリックしてダウンロードしてください。

AWS IoTのルートCAは別のページでダウンロードしてください。

「有効化」ボタンをクリックして、その後、「ポリシーをアタッチ」ボタンをクリックしてください。

iot008.jpg

別ページ

iot009.jpg


9. ポリシーの追加とモノの登録

先程作成したポリシーのチェックをオンにして、「モノの登録」ボタンをクリックしてください。

これで、モノの登録とポリシーのアタッチが完了となります。

iot010.jpg