Edited at

VirtualBoxを使って2つのゲストOS間で通信してみる

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

元々は、VirtualBoxにゲストOSを2つ(ubuntu)を入れて、

その2つのホスト間で通信させようとしてました。

で、調べたらすっと出てきたので、さらっと設定して使おうとしています。


参考サイト

http://linux2.g.hatena.ne.jp/lnznt/20120131/1328021979


環境

使用した環境は以下の通り。

HostOS
version

macOS
Sierra(10.12.2)

VirtualSW
version

VirtualBox
5.1.12

ServerName
GuestOS
Memory
Storage

サーバ1号機
ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64
2.0GB
16.0GB

サーバ1号機
ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64
2.0GB
16.0GB


構成

構成は以下の図のような感じです。



NAT側につながるethernetは自動的にVirtualBoxが割り当ててましたので、今回は使いません。

外に出るように設定をそのままにしておきます。

今回は、内部ネットワークを作成してそちら側でゲストOS間の通信をして見ることとします。


設定

設定については、参考サイトに書かれていることがほとんではありますが、

一部異なっていた点がありましたので、以下に記載します。

注意)二つのゲストOSで異なる設定情報は、内部ネットワークのIPアドレスだけになります。


ゲストOSの設定

まずは、VirtualBoxマネージャーから設定を行います。



①対象となるゲストOSを選択します。

②「設定」ボタンをクリックします。

設定画面が出たら、以下の操作を行います。



①「ネットワーク」をクリックする

②「アダプター2」をクリックする

③「ネットワークアダプターを有効化」にチェックして、「割り当て」に「内部ネットワーク」を選択する

④「OK」ボタンをクリックする


ゲストOSの起動

ゲストOSの設定ができたら、ゲストOSを起動します。


/etc/network/interfacesの変更

ゲストOSが起動したら、ネットワークインタフェースの設定をしていきます。

まずはネットワークの設定ファイルを開きます。

$ sudo vi /etc/network/interfaces

パスワードを入力して、ファイルを開いたら、以下の情報を追記していきます。

追記が終わったら、保存してください。

auto enp0sp8

iface enp0sp8 inet static

address 172.168.0.1

netmask 255.255.255.0


<<<注意点>>>

※「address」に書かれている内容は、サーバ1号機の内容です。サーバ2号機は「172.168.0.2」にしてください。

※参考サイトでは「eth1」と書かれていますが、VirtualBoxだからかubuntu 16.04だからかはわかりませんが、「enp0s8」になります。


ゲストOSの再起動

ファイルの保存が完了したら、再起動してください。

コマンドプロンプトで以下を実行してください。

$ sudo reboot


ゲストOSの動作確認

再起動が完了したら、ターミナルを起動して、IPアドレスを確認します。

IPアドレスの確認ができたら、もう一方のゲストOSもIPアドレスを確認し、

両方の確認ができたら、双方でpingを実行して疎通できているかを確認してください。


さいごに

知っていれば意外と簡単ですが知らなければ知らないまま・・・。

ゲストOSのネットワーク設定はまだ他にもあるので、また時間のあるときに試してみます。

(だいたい、こう書くとやらない傾向・・・)