Mac
VirtualBox
windows10Enterprise

MacとVirtualBoxにインストールしたWindows10でフォルダを共有

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

個人的にWindow10を一時的に評価したいと思い、

Microsoft Windows10 Enterprise EvalutionをMac上でVirtualBoxを動かして、

インストールすることにしました。

この記事は、2015/12/12現在で作成したものなので、各種バージョンなどはその時点のものに

読み替えていただければと思います。

その中のMacとVirtualBoxにインストールしたWindows10でフォルダ共有する方法について書いてみます。


前提条件

私が使ってる環境です。


  • MacBook Air(13-inch, Mid 2013)

  • OS X El Capitan バージョン 10.11.1

  • メモリ 8GB 1600MHz DDR3

  • Windows10 Enterprise Evalutionのダウンロードはココを参照してください

  • VirtualBoxのダウンロードとインストールはココを参照してください

  • VirtualBox上でWindows10 Enterprise Evalutionはすでに動いています。


VirtualBox側の共有フォルダ設定をします

  手順を書いていきます。

1)Macのデスクトップ上に「common_vb」という名前のフォルダを作成する

2)Oracle VM VirtualBox マネージャーで、「Windows 10」を選択し、「設定」ボタンをクリック

  01_vb_setting.png

3)「共有フォルダー」を選択し、右側にある「+」をクリック

  02_common_folder.png

4)「フォルダーのパス」のコンボボックスをクリックし、先ほど作成した、

  デスクトップの「common_vb」フォルダを選択し、「フォルダー名」に「common_vb」を入力し、

  「自動マウント」と「永続化する」にチェックして、「OK」をクリック

  03_folderpath.png

5)元の画面に戻るので、「OK」をクリック

  04_common_folder.png


VirtualBox内のWindow10から共有フォルダが見えるように設定します

  手順を書いていきます。

1)MacのVirtualVMメニューの「Device」→「Insert Guest Additions CD images ...」.をクリック

2)Windows10のフォルダーを開き、「CDドライブ」を開く

3)VBoxWindowsAdditions.exeを実行

4)ユーザーアカウント制御のダイアログが出るので「はい」をクリック

5)「Next」をクリック

  01_vm_add.png

6)「Next」をクリック

  02_vm_add.png

7)「Install」をクリック

  03_vm_add.png

8)「インストール」をクリック

  04_vm_add_install.png

9)「Finish」をクリック

  05_vm_add_fin.png

すると再起動します。


共有フォルダが見えるか確認

  手順を書いていきます。

1)Windows10のフォルダを開く

2)赤枠で囲った「common_vb(¥¥vboxsrv)」が表示されていればOK

これで、MacとVirtualBox Windows10がファイルを共有することができるようになりました。