プロデルで簡単に画像を編集!

More than 3 years have passed since last update.

こんにちは。荒テックです。

この記事では「日本語プログラミング言語プロデル」で画像を編集できる命令を

紹介します。


画像効果を使うには


ネガポジ反転.rdr

メイン画面を表示する

待機する

メイン画面とは
  ウィンドウを継承する
  
  はじめの手順
    初期化する
    ーー貼り付けた部品に対する操作をここに書きます
    Xという画像(「********.JPG」)を作る
    キャンバス1へ画像を描くして、画像図形1とする
      その位置と大きさは、{0,0,200,150}
      その画像をXに変える
//ここに画像加工スクリプトを書く
画像効果としてXをネガポジ反転して、Yとする
画像図形1の画像は、Y
     キャンバス1を更新する
  終わり

  初期化する手順
  この内部領域大きさを{363、312}に変える
  この内容を「メイン画面」に変える
  このドラッグドロップを○に変える
  キャンバス1というキャンバスを作る
    その移動順を1に変える
    その位置と大きさを{13、70、338、230}に変える
    その位置固定方向を「右+左+下+上」に変える
終わり
終わり



画像を明るくする

画像効果として、入力画像を10だけ明るくして、結果画像とする


コントラスト調整

画像効果として、入力画像を10だけコントラスト調整して、結果画像とする


ガンマ補正

画像効果として、入力画像を1.5だけガンマ補正して、結果画像とする


エンボス加工

画像効果として、入力画像をエンボス加工して、結果画像とする


グレイスケール化

画像効果として、入力画像をグレイスケール化して、結果画像とする


ネガポジ反転

画像効果として、入力画像をネガポジ反転して、結果画像とする


鮮明化

画像効果として、入力画像を鮮明化して、結果画像とする


セピア加工

画像効果として、入力画像をセピア化して、結果画像とする

これだけで、高性能な画像加工ツールを作成できます。

皆さんも是非プロデルで画像加工ツールを作ってみてください!