Help us understand the problem. What is going on with this article?

グーグルフォームで返信メールの時にでてくるe.namedValuesについて調べた

グーグルフォームに自動返信メールを作るときにでてくるe.namedValues

自動返信メールはできたのですが、
e.namedValues がなんなのか ググってもすっきりするものがなかったので調べてみました。

わからないこと

①e.namedValues['メールアドレス']で回答を取得しているものや、e.namedValues['メールアドレス'][0]で回答を取得しているものが混在している。どっちがいいのかしら。
②スプレッドシートの関数にnamedValuesがでてこないなぜ

そしてありました。
公式ドキュメントに e.namedValues
https://developers.google.com/apps-script/guides/triggers/events

わかったこと

じつはいままでスプレッドシートの関数かとおもっていたのですが、フォームの関数なんですね。

e.namedValues でフォーム送信の質問名と値を含むオブジェクトを取得できるのです。
具体的には e.namedValuesでは↓のような値を取得できます。
{
'First Name': ['Jane'],
'Timestamp': ['6/7/2015 20:54:13'],
'Last Name': ['Doe']
}
連想配列なんですね。
キーが質問名で値が回答で配列になっていました。
だから
e.namedValues['メールアドレス']だけのものや
e.namedValues['メールアドレス'][0]
の記述が乱雑しているのですね。

回答の部分が配列と分かった以上
e.namedValues['メールアドレス'][0] の記述のほうが安心です。

なんかすっきりしました。

apple123
会社ではWEBスクレイピングの依頼が多すぎて。エクセル使いながら自動処理できるようPythonでのスクレイピング処理を勉強中。最近はドメインの移行やら.hraccessの仕事多数、多すぎ。スクレイピングは過去制作物の修正のみ。新しいのを作りたいです。Qiita合わない内容はブログでメモしてます。
https://apple123.info/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away