phpPgAdmin

phpPgAdmin 5.1でレポート機能を有効にする

phpPgAdminのレポート機能とは?

SQLに名前をつけておいて、一発で呼び出せるようにする機能。
PostgreSQL自体に備わっているビューと似ているが、SQLを別のデータベースに保存しておく点が違う。
非常に小さなプラグインなので、ローカルファイルに保存するように変更なども簡単にできると思う。

phpPgAdmin 5.1以前では標準で入っていたようだが、5.1からプラグインになったらしい。とはいっても標準パッケージに同梱されているので、ちょっと設定をするだけで使えるようになる。

設定方法

conf/config.inc.phpを編集

conf/config.inc.php
$conf['plugins'] = array('Report');

PostgreSQLサーバにレポート保存用のデータベースを作成

phpPgAdmin-5.1/plugins/Report/sql/reports-pgsql.sqlに作成用のSQLが入っているので、これを実行する。

確認

画面左のツリーからサーバを選択した画面で、下記のように「レポート」が表示されるようになる。

image.png

ドキュメント

phpPgAdmin-5.1/plugins/Report/README
phpPgAdmin-5.1/plugins/Report/INSTALL
がドキュメントらしい。