Help us understand the problem. What is going on with this article?

journalctl 最低限覚えておくコマンド

More than 1 year has passed since last update.

最低限覚えておくコマンドはこれだけ

もし本当にオプションを全部忘れてしまった場合は、単にjournalctlとタイプすれば、保存されているログを全部表示できる。

長い行が切り詰められて表示されている場合は、矢印キー(→)を押せば右にスクロールできる。

最近のメッセージを表示(-e)

journalctl -e

-x をつけると詳細情報も表示される(-xe)

journalctl -xe

tail -fのようにログを監視する(-f)

journalctl -f

特定サービスのメッセージだけを表示

-u ユニット名で指定する。
ユニット名とはsystemctlで表示されるsshd.serviceなど。.serviceは省略できる。
ワイルドカードとして*(アスタリスク)が使える。

journalctl -u sshd
journalctl -u httpd
journalctl -u nginx
journalctl -u mysqld
journalctl -u cronie
journalctl -u updatedb
journalctl -u 'up*'

systemdユニットになっていないコマンドのログを検索するには

journalctl /usr/bin/crond

のように実行ファイルのフルパスを指定すればよい。

いくらか優先度が落ちるコマンド

ログの末尾だけ表示(-n)

tail -n 100のようにログの末尾だけ表示する。

journalctl -n
journalctl -n 100

起動時からの全メッセージを表示(-b)

journalctl -b
journalctl -b 2          # 2回前の起動時のログを表示

参考情報

もっと詳しいことが知りたくなったら

Arch Wikiのjournalの部分
man journalctlの日本語訳

aosho235
1981年生まれ。駅すぱあとの会社で新規サービスを開発しています。好きなものはOS~ミドルウェアのレイヤー、開発を楽にするためのツールやフレームワークの整備、自分自身が便利だと思うものを作ること。
https://aosho235.com/
val
経路検索システム「駅すぱあと」をはじめ、全国のデータと高い信頼性をベースにさまざまなサービスを展開。
https://www.val.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした