journalctl

journalctl 最低限覚えておくコマンド

最低限覚えておくコマンドはこれだけ

もし本当にオプションを全部忘れてしまった場合は、単にjournalctlとタイプすれば、保存されているログを全部表示できる。

長い行が切り詰められて表示されている場合は、矢印キー(→)を押せば右にスクロールできる。

最近のメッセージを表示(-e)

journalctl -e

-x をつけると詳細情報も表示される(-xe)

journalctl -xe

tail -fのようにログを監視する(-f)

journalctl -f

特定サービスのメッセージだけを表示

-u ユニット名で指定する。
ユニット名とはsystemctlで表示されるsshd.serviceなど。.serviceは省略できる。
ワイルドカードとして*(アスタリスク)が使える。

journalctl -u sshd
journalctl -u httpd
journalctl -u nginx
journalctl -u mysqld
journalctl -u cronie
journalctl -u updatedb
journalctl -u 'up*'

systemdユニットになっていないコマンドのログを検索するには

journalctl /usr/bin/crond

のように実行ファイルのフルパスを指定すればよい。

いくらか優先度が落ちるコマンド

ログの末尾だけ表示(-n)

tail -n 100のようにログの末尾だけ表示する。

journalctl -n
journalctl -n 100

起動時からの全メッセージを表示(-b)

journalctl -b
journalctl -b 2          # 2回前の起動時のログを表示

参考情報

もっと詳しいことが知りたくなったら

Arch Wikiのjournalの部分
man journalctlの日本語訳