Edited at

さくらVPSからConoHa VPSへディスク丸ごと移行してみた

More than 1 year has passed since last update.


背景

ConoHa VPS(以下コノハ)がイケてるという話を聞いて試してみたいと思っていた。現在、さくらVPSで趣味のArch Linuxサーバを立てていて、できればこれを丸ごと移行したい。

しかしArchを入れてrsyncでコピーするのも時間かかるだろうなあ~と思っていたのだが、コノハにはSSD 20GBのプランがある。今使っているさくらVPSもSSD 20GB。もしかしてssh越しでディスクデバイス丸ごとコピーすればいけるんじゃね?と思って試してみたら、無事にできた。

要はコノハVPS(CentOS 7.3)の中から下記コマンドを実行した:

ssh さくら cat /dev/vda > /dev/vda

はじめてやったけどできるもんなんですね。


事前確認


lsblk

どちらもデバイス名はvdaで21474836480バイト(20 GiB)。

さくら

# lsblk -b

NAME MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sr0 11:0 1 1073741312 0 rom
vda 254:0 0 21474836480 0 disk
├─vda1 254:1 0 104857600 0 part /boot
├─vda2 254:2 0 2147483648 0 part [SWAP]
├─vda3 254:3 0 19221429760 0 part /
└─vda4 254:4 0 1031168 0 part

コノハ

# lsblk -b

NAME MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sr0 11:0 1 1073741312 0 rom
sr1 11:1 1 493568 0 rom
vda 253:0 0 21474836480 0 disk
├─vda1 253:1 0 2097152 0 part
└─vda2 253:2 0 21470642176 0 part /


/proc/cpuinfo

なんとなくcpuinfoも見てみた。さくらの方が周波数は上(それゆえbogomipsも)。

processor       : 0

vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 6
model : 62
model name : Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2650 v2 @ 2.60GHz
stepping : 4
microcode : 0x1
cpu MHz : 2599.998
cache size : 20480 KB
physical id : 0
siblings : 1
core id : 0
cpu cores : 1
apicid : 0
initial apicid : 0
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 13
wp : yes
flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ss syscall nx pdpe1gb rdtscp lm constant_tsc arch_perfmon rep_good nopl eagerfpu pni pclmulqdq vmx ssse3 cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand hypervisor lahf_lm vnmi ept fsgsbase tsc_adjust smep erms xsaveopt
bugs :
bogomips : 5202.66
clflush size : 64
cache_alignment : 64
address sizes : 40 bits physical, 48 bits virtual
power management:

ConoHa

processor       : 0

vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 6
model : 63
model name : Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2650 v3 @ 2.30GHz
stepping : 2
microcode : 0x1
cpu MHz : 2294.686
cache size : 4096 KB
physical id : 0
siblings : 1
core id : 0
cpu cores : 1
apicid : 0
initial apicid : 0
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 13
wp : yes
flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ss syscall nx pdpe1gb rdtscp lm constant_tsc arch_perfmon rep_good nopl eagerfpu pni pclmulqdq ssse3 fma cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic movbe popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand hypervisor lahf_lm abm fsgsbase tsc_adjust bmi1 avx2 smep bmi2 erms invpcid xsaveopt
bogomips : 4589.37
clflush size : 64
cache_alignment : 64
address sizes : 46 bits physical, 48 bits virtual
power management:

あとで気づいたのだが、BIOSかUEFIも確認しておけばよかった。VPSだからきっとBIOSだろうけど。UEFIパーティションが無いことからBIOSと判定していいんだろうか?


実行手順


コノハでサーバを立てる

コノハでCentOS 7.3のサーバーを追加して、まず普通にログイン(ユーザー名はroot。鍵は自分で設定したもの)。さくらにsshできるように設定。


コマンド実行

コノハの中から

# time ssh さくら cat /dev/vda > /dev/vda

dstatで転送速度を見てみたところ、12 MiB/s(約100 Mbps)。20 GiBなら28分で終わる計算。実際29分で終わった。

real    29m43.565s

user 1m53.760s
sys 2m41.834s

ここでリブート。


ネットワーク設定

固定IPで設定してあったので、コノハのコンソールからArchにログインしてネットワークの設定(/etc/netctl/eth0)を変更。

以上で普通に使えるようになった。

2017−04−03現在まで、何もトラブル無く使えている。